子宮寄生!万理

万理01 – キュートな学者の万理先生

ホテルの一室で、万理は先輩教授の岡田に抱かれていた。 生物学者の万理は、研究所の飲み会の時に介抱してくれた妻子持ちの岡田と、なんとなくそうゆう関係になってしまったのだ。 5年間彼氏のいない万理は、ダラダラとその関係を続けていた。 ...

小説を読む

万理02 – 興奮の大発見だ万理先生

「え、これ、、、えっ?」 中に小分けにされている、犬の体毛のサンプルをチェックしていた万理が、慌てて書棚から1冊の本を持ってくる。 ジャンヌ博士が最後に残した論文だった。 「まさか、、そんなはず、、、え、いやい...

小説を読む

万理03 – いつも前向き万理先生

万理は自分のショーツの中をカメラで収める。 ガチャ 「八栗先生、今日は大漁ですね、またサンプルが届きましたよぉ」 突然、高橋がまた荷物を届けに来たのだ。 万理は慌ててショーツを閉じ、身なりを整えた。 ...

小説を読む

万理04 – 必死の覚悟で万理先生

「よし、リスクは少ない、、、という事は、こんな希少な事例は、めちゃくちゃチャンスかも、、、このまま、私の中で育って産卵してくれれば、一気に研究の可能性が拡大するわ、、それに、オテイ虫に寄生させた人体のレポートなんて、世界初だもの、、産卵までは、、えーと、、...

小説を読む

万理19 – 羞恥に震える万理先生

「え?、どうしました?、、、、、あのぉ、、僕もお願いしていいんですか?」 やる気満々の上野が、自分の息子をしごきながら催促する。 「古賀さん、、これは、いったい、なんなんですか?、、この最高の状況は?」 突然のこと...

小説を読む

万理18 – 精子をいただく万理先生

「も、もし、イヤじゃ無かったら、、中で出してください、、、お、お礼なので、、」 「え?、、生で?、、、え?、、出していいの?、、、中で?、、え?」 もう何が起こっているのかパニックになる古賀だが、息子は既に万理の玄関に片足をお邪...

小説を読む

万理17 – 射精を求めて万理先生

万理は、慌ててシャワー室に入ると、プレートをドアにかけないで、服を脱ぎだした。 服を一番上のカゴに隠すようにしまうと、奥の個室に入り、ビニールのカーテンをシャッと閉めた。 ガチャ カーテンの隙間から、入り口のドアを覗くと、...

小説を読む

万理16 – 中出し哀願の万理先生

高橋が、乳首を強く摘んだ瞬間に、万理の足の力が抜けて腰が落ち、一番奥まで陰茎が突き刺された。 腰が勝手、ビクン、ビクン、と痙攣し、その痙攣によって刺激される膣内からの快感で、絶頂を迎え入れた。 高橋が片方の手を陰核に伸ばし、硬くなったシコリをグ...

小説を読む

万理15 – 生で欲しいの万理先生

「もぉう、淫乱な万理ちゃんは、しょうがないなぁ、、、勝手にチンコ使っていいよ、、ほらっ」 高橋は、ソファに座ったまま、腰を投げ出して腕組みをしていた。 自分でズボンを脱がせて勝手に男性器を取り出せという意味だ。 「えっ?」...

小説を読む

万理14 – 欲しがり屋さん万理先生

万理のその声は、高橋の言う通り、何かのプレイのように羞恥な言葉を快感のスパイスにしていた。 嫌がる言葉とはうらはらに、さらにお尻を突き出して撮影する携帯を自から覗き込んだ。 「そんな見て欲しいんなら、どうすればいいの?、、、わかるでしょ...

小説を読む