遠隔調教!菜緒

【あらすじ】長い脚とスレンダーボディが売りのグラビアモデルである菜緒は、マネージャーである保坂が手に入れた「コピーラブドール」によって遠隔調教される。菜緒の全身がコピーされたそのラブドールを触ると菜緒とダイレクトに感覚がリンクする。乳首、クリトリス、膣、そして全ての性感帯を遠隔で愛撫される菜緒は、昼夜問わず快感に支配される。

菜緒01 – 美脚グラビアモデル菜緒

「菜緒ちゃん、最近、ノッてきてるねぇ」 週刊誌のグラビア撮影の現場で、編集者がマネージャーの保坂に話しかける。 「はい、まだまだ、これからなんスけど、お陰様で、なんとかメディアへの露出が増えてきました」 カシャッ、...

小説を読む

菜緒02 – 尾崎社長と保坂マネ

「ちょ、ちょっと、待てよ、菜緒、、、お前、彼氏とかはどうなの?、、全然、プライベートで外に出る気配もないけど?」 尾崎の質問にも止まる気配もなく、階段に向かう菜緒。 「私、 別に、男に興味ないし、、、じゃあね、、お疲れさまぁ...

小説を読む

菜緒03 – スーツの男とラブドール

「えっ、、あ、はい、、今日は、ラブドールのご紹介に伺いました」 調子が狂ったスーツの男は、完全に尾崎のペースに乗せられている。 「おっ、いいねぇ、、ラブドール、、愛の人形、、、、っで、保坂よぉ、ラブドールってなんだよ?」 ...

小説を読む

菜緒04 – オナニストの保坂くん

「おーい!、、保坂よー」 尾崎の部屋からガタッガタッと、物音がして保坂が飛び出してきた。 「は、はいっ、、、」 保坂が手に持ったティッシュを握り潰し、後ろに隠しながら近寄ってくる。 「このダッチワイフ...

小説を読む

菜緒05 – スーパーリアルラブドール

ピピピッ、ピピピッ 「3分経ったか?、、さっきから音が安っぽいんだよなぁ、、、えっ!?、、、、マジで、、、嘘だろ、、えっ?」 DNAスキャンの完了を示す数値が、タブレットに100%と表示され、そのタブレットの先にあるコピーラブド...

小説を読む