露出願望!玲子 PART1

【あらすじ】露出願望がある玲子は、夏のビーチにある海の家で全裸を覗いてもらう計画を立てる。壁の穴から覗き見る男子の視線に、スイッチが入ってしまった玲子は羞恥なオナニーショーを披露する。豊満なバストも引き締まったウエストもプリッとしたお尻も、そして陰部や陰核まで全てを曝け出しながらのオナニーは玲子にこれまでにない快感を与える。

玲子01 – 羞恥計画

玲子が住み込みでバイトする海の家は、一般客も格安で宿泊が出来る。 宿泊の受付や部屋の掃除、そして併設された食堂の配膳も、玲子が1人で切り盛りする。 老夫婦が経営するこの海の家は、女将さんが腰を悪くした今年からバイトを募集し、それをネット...

小説を読む

玲子02 – 羞恥実行

「おい、これ、、、、」 若い男子は、玲子のトラップにまんまと気付き小声で話す。 「隣って、ここで働いている女の子の部屋だよな?」 『しっ』と2人に黙るように合図すると、押入れにゆっくりと入り、その亀裂からそ...

小説を読む

玲子03 – 羞恥躊躇

押入れの音が聞こえても、不自然じゃないようにイヤホンをつけた玲子だったが、それにより新たなアイディアが脳裏に浮かび、携帯で検索を始めた。 (さぁ、最後の仕上げよ、たっぷりと見てねぇ) 玲子は、仰向けになった。 胸の...

小説を読む

玲子04 – 羞恥転回

自分の行動に驚いた玲子はとっさに、うつ伏せの体制へ寝返りを打った。 それでも止まらない指先が、また快感への扉を開き、さらなる羞恥のアイディアを自分自身に提案する。 まるで別人格が身体を操作しているかのように、腰が浮き出し、男の子達の見つめる...

小説を読む

玲子05 – 羞恥悪戯

さらに近付いて来た男の子達に、玲子は、自分がノーパンノーブラだということを思い出した。 (あ、わ、私、こんな格好、、でも、こんな暗いし、わかんないわよね) 「ここを真っ直ぐ行ったら、あ、ほら、あの灯りが自販機です。あそこに売...

小説を読む

玲子06 – 羞恥挑発

「そ、そうだね、、んー、うん、、良く見えないや」 男の子達も、話しを合わせた。 いくら暗闇でも目が慣れてくれば、月明かりで大概のものは見える。 胸も、陰毛も、その下の割れ目も、はっきりと見えていた。 「あ、お尻痛...

小説を読む

玲子15 – 羞恥乱交

ウゥワン、ワワワワン 玲子をお構いなしに哲哉が責め立ていると、どこかの家で飼っている犬が吠え出した。 全員驚いてキョロキョロしていると、家の奥の方から、飼い主らしき人が犬に静かにしろと怒る声がした。 「やだ、見つかる、早く...

小説を読む

玲子14 – 羞恥混乱

ケイコが玲子の元に向かい、手を取ってシャッターの閉まった食堂の前に連れて行く。 ある程度死角になった場所で玲子を前屈みにして、後ろから挿入した。 (やぁぁぁ、ケイコ、いきなり、あぁぁぁ、、、ダメ、いま、入ってきたら、ダメよ、、、ずっとイ...

小説を読む

玲子13 – 羞恥告白

「え、秘密って、え、なに?、、ダメよ、この先は街灯があるから」 その後は、3人は黙って歩き続ける。 裸でここに1人で残るよりは、3人と一緒の方が安全だと思い、玲子は付いていくしかなかった。 (え、なに、秘密って、みんなに見...

小説を読む

玲子12 – 羞恥露出

激しい絶頂の余韻でぐったりする玲子をしばらく休めたあと、哲哉が玲子に罰ゲームを催促する。 「玲子ちゃんの負けだね、さ、お酒を買ってきてね」 「え、私が、、、え、このまま?、、え?」 玲子は、陰部に男性器を入れたまま...

小説を読む