典子01 – 食べごろ女子大生の事情

都内の大学のサークルで知り合った、真弓と典子は、広めのワンルームマンションに2人で住んでいる。

「ごめーん、ノリ、お風呂で生理始まっちゃったから、お湯を入れ直してるね、、、、典子はまだ来ない?」

風呂上がりに頭をタオルで拭きながら真弓が部屋に入ってくる。

「んー?、、、、、あぁー、、、昨日、来たよー」

お風呂に入る準備を整え終えた典子は、テレビを見ながらそっけなく答えた。

「またー、ノリはー、パンツ一丁で、、、、、カーテン開けっ放し!」

「んー?、、、、あー」

カーテンを閉めながら怒る真弓に、典子はまたそっけなく答える。

「生理が感染(うつ)るってホントだよね、最近、殆ど一緒じゃない?」

都内の大学にあるダンスサークルに所属する真弓と典子は、2人だけでユニットを組む。

半年前から同じ部屋に住みながら、部屋の中に大きな鏡を2枚置き、ダンスの練習なんかもやっている。

2人が作るダンスはレゲェを取り入れたストリートダンスで、衣装もダンスもかなりセクシーなものだった。

大人びた美人顔にスレンダーなボディの真弓に、童顔なのに豊満な胸が印象的な典子。

この2人の好対象なユニットは、複数の大学が共同で開催するダンスイベントでもひと際歓声が高く、男女問わずファンが多かった。

「こいつら、絶対、後で付き合うよ」

典子がドラマをみながら呟く。

共演する男女の俳優がキスをするシーンだった。

深夜に放送されるその内容は、割と濃厚な濡れ場だった。

いつの間にか、2人は寄り添いながらクッションをギュッと抱きしめている。

自然と真弓が顔を近づけたので、典子も自然とキスをした。

「いやいやいや、ないないない」

真弓が、立ち上がってクッションをベッドに投げた。

典子はキョトンとして見ている。

お互い同性愛者ではなかったが、仲の良い女の子同士に良くある程度のキスは、これまでにも時々あった。

「こんな、若くて健康で、こんなに顔もスタイルいい2人の乙女がよ、安いドラマのラブシーンを観て、女の子同士でキス?、、いやいや、ないから、ノリ、あんた、いつから彼氏いないんだっけ?」

「んーと、1年半くらいかな」

典子は相変わらず、テレビを見ながら素っ気なく答える。

「そんで、いつからしてない?」

「2週間前」

「えっ、ノリ、、、、、、、嘘でしょ、、、、、、誰?」

「嘘、、、、、1年くらい前かなぁ」

「ですよねぇ~、、、、私も森脇先輩が卒業してからだから、それくらいだわ」

どこの大学サークルでも、お決まりのように入学した女子は可愛い順に先輩の餌食になる。

2人もご多忙に漏れず、いの一番に餌食となり、先輩の卒業と共に消滅した。

それから、サークルや大学内に手を出すのも懲り懲りで恋愛とは遠ざかってしまった。

「もう、この部屋のルールで、男を連れ込まないとか言ってる場合じゃないよ、、ノリ、どんな男がタイプなの?」

「どしたの真弓、急に、、更年期障害みたいだよ」

「うるさい、、、、、ノリ、いい?、、、、、聞いて、、このままだと、処女膜が再生するか、中に蜘蛛の巣が張るわよ、、、、こんなに食べ頃の綺麗でスタイルのいい乙女達、なのにだよ?」

「私、そんなエッチ気持ち良くないから、別にしなくてもいいし」

典子は、元彼の先輩のエッチが自分勝手で淡白だった事から、あまり良い経験では無く、まだイッた事もなかった。

「ノリ、あんた、夜、私が寝てる横でたまにオナるでしょ」

「真弓だって、お風呂でしてるじゃん」

「あはっ、、、聞こえてた?、、いや、そうじゃなくて、、そん時のオナネタ何よ?、、、、、どんなエッチに興味があるの?、、、そこに男を作るヒントがあるはずだわ」

「オナネタって、、、、なによそれ、、、、真弓は、なんなのよ」

「私は、、、、あれよ、、、活字よ、、、、小説っ、、、、、あれよ、、エロ小説ってやつよ、、、、私、想像力が豊かな方じゃない?、、、、その内容を思い出しながら、、、、あとは、シャワーヘッドが気持ちよくしてくれるから、、、、、はい、私は言ったわよ、、、」

真弓が顔を赤らませて、典子の膝を叩く

「私ー?、、、、、えぇぇ、、言うのぉ、、、、、、、、、、、、、真弓、ぜぇぇぇぇたい、誰にも言わない?」

しばらく言うか言わないか迷った典子が、真弓の方に向き直って真剣な顔で見つめる。

「う、うん、言わない、、、、ってか、そんな、すごい告白なの?」

典子は、またしばらく迷い、意を決したように携帯で何かを見せようとした

「私ね、、、最近おかしいの、、、、、気付くと、こんなサイトばっかり探しちゃうの、、」

そう言って見せたサイトを真弓が覗き込むと、最初に目に飛び込んだのは、森の中でたくさんの男性に囲まれた裸の女性の写真だった。

「え、なに、、え、これって、レイプ?、、え、、ち、違う、え?」

最初は、典子が集団レイプ願望があるかと思ったが、何枚か写真を見ていうちに違う事がわかった。

明らかに裸の女性は嫌がっておらず、むしろ、快感を得ているような甘美な表情をしている。

典子02 - ルームメイトに告白する性癖
混乱した真弓に、典子が思い詰めたように話しを続ける。 「これね、裸を見られたい女の人が、裸の写真を投稿するサイトなのね、、、最初にこのサイトを見つけたのは、高校生の時なんだけど、、最近、、私もこういうことしたいんじゃないかと思って、、、」...