千春10 – 初めての絶頂は序章の始まり

「今のを続ければ、イケそうなの?、、、、、こっちから顔が見えないから、イキそうなら教えてね。」

と言いながら、左手は人差し指と中指で陰核を挟むように摘み、根元から扱くように撫でた。

「いゃぁ、なにこれぇぇ、、、、、気持ちいいぃぃぃ、、、、あ、あ、あっ、、、、そう、そうです、、、」

膣内に入れた中指でゆっくり奥の方を探っていく。

「やっ、、、、痛いっ、、、、、あっ、、、あぁぁぁ」

初めて触られる粘膜たちが初めての刺激に驚いて『痛い』と信号を送るが、すぐに『気持ちいい』に信号を切り替えていく。

中指で全ての粘膜を馴染ませるようにゆっくりと優しく刺激していく。

「えっ?、、、先生?、、、どうなってんの?、、やぁ、、、そこ、、、やぁ、それすごい、、、、あ、あっ、、、、、、先生、、、なんか変、あぁぁぁん、、、、、、、」

初めての膣内への刺激も、慣れた陰核からの快感と共に引き出されることで素直に受け入れることが出来た。

今度は陰核を親指と人差し指で強めに摘まんでみる。

「やぁぁぁぁぁ、、、、だめぇぇん、、、、やぁぁぁ、、、、怖い、、、、やだ、、、、」

ドンドンと膨らむ快感に千春は肩をすくめ、手で口を塞ぎながら耐えている。

陰核への責めをそのままに、膣内の指をクイクイッと手前に曲げた。

「やぁぁぁぁ、、先生っ、、、、なにっ?、、、だめぇ、、、、そこだめぇ、、、、、、、、、やっ、怖い、、、、、、、、ちがうの、、、、、や、、、やじゃない、、、あぁ、そのまま、、、、、あぁ、止めないで、、、、、あぁぁぁぁぁぁ、、、、」

千春の両手が診察台をがっしり掴み、身体がどこかに飛んで行かないようにしがみ付く。

膣内がカーッと熱くなり収縮し始めた。

膣内の指は強くならない程度の力でさらに動きを速めて千春に引導を渡す。

「やぁぁ、、、、、やばい、、、、だめ、、、、、、、、、、あっ、、、くる、、、やっ、怖い、、、、、、、、だめだめ、、、、、、あ、、、、、ん、、、、、あ”ぁぁぁぁぁぁぁ、、、、、」

千春は診察台のあちこちを掴みながら首でブリッジをするように背中を仰け反った。

大きく開いて固定された脚は、ギシギシと固定金具を揺らしながら閉じようとする。

ビクンッビクンッと全身を大きく痙攣させながら、千春は生まれて初めての絶頂を迎えた。

膣内の筋肉が髭グマの指をギュッギュッと小刻み締め付け、さらに熱くなりながら愛液を分泌している。

大きな装置に固定されたお腹の腹筋もビクビクと跳ねた。

普通の女の子なら初めての愛撫でこんなに大きな快感を味わえるなんてことはそうそうないだろう。

髭グマが作ったこの状況と何度も寸止めされた後の絶頂だからこそ味わえる快感なのである。

(おー、豪快にイッたねぇ、、、これはいいおもちゃを手に入れたかもしれないなぁ)

しばらく膣の中の痙攣を指で堪能した髭グマは、モニターのスコアを下げることを忘れていることに気付いた。

(しまった、バレるかなぁ)

「い、伊崎さん、スコアはいくつになってる?」

本当に焦った声で質問をしたので、千春にもそれが伝わった。

生まれて初めての絶頂に頭の中がボーッとしているなか、薄目を開けてモニターを確認した。

「はぁ、はぁ、に、26です、、、はぁ」

絶頂直後で思考がうまく機能してない千春は、髭グマの心配をよそにスコアが下がっていない事に何も違和感を感じていなかった。

「伊崎さんの場合、気持ちいいことをするのも効果があるのかもしれないなぁ、今度、学会で報告しよう。」

(うまく誤魔化せたか?)

「はぁ、はぁ、はぁ」

千春はまだ息が荒れて、何も考えられない状態だった。

(あ、そうだ、、これも報告しなきゃ)

予想以上の千春の反応に興奮し過ぎて、髭グマも表向きの設定を忘れかけていた。

「伊崎さん、残念ながらイク時に、膣内が凄い締め付けだったよ、、、、これでは器具を入れた状態ではイカせられないなぁ」

「あ、は、はい、、、、、、はぁ、はぁ」

思考が少し回復してきた千春は、髭グマの言葉をなんとなく理解し、ようやく返事だけ出来た。

(あぁ、これがイクってことなの、、、ヤバイ、こんなのありえない、これマジでヤバイ、、、気持ち良過ぎてどうにかなりそう、こんなに気持ちいいの私だけなのかな?、、、)

「何か、違う方法を考えなくては、、、とりあえずスコアが下がりきる前に、器具を入れるね」

(あぁ、また始まるのね、、、、)

思考が回復してきた頭で、あの苦しみがまた始まると身を震わせた。

「あぁぁぁぁぁぁ」

バイブが再度挿入され、電マも振動を再開した。

絶頂を経験した千春の身体はさっきとは比べものにならないぐらいの快感が身体を駆け巡った。

(そんなぁ、もう、も、もう耐えられない)

千春が絶望感で、身体を硬直しているなか髭グマは、思わぬ行動にでた。

施術室のドアを開け、外にいる若林に話しかけたのだ。

「若林君、緊急事態なんだ、手伝ってくれないか?ちょっと中に入ってくれ」

若林が、声を出さないように、『遅いよ~』と口パクした。

それに応えるように、『悪ぃ』という表情で髭グマも答えた。

(えっ、なんで?、、、え、若林君が入ってくるの?、、え、ウソ、、)

再開した器具の責めと戦いながらも、チームメイトの男の子が入ってくる状況にさらに緊張した。

千春の緊張に気付いた髭グマは、千春の耳元で囁いた。

「大丈夫、下半身はカーテンがあるから、アソコに器具が入ってることも、伊崎さんが淫乱だということも気づかれないから」

「ええっ?、でも、、、、あぁ、んっ、、、、うぐ、ん」

それだけ言って、髭グマは部屋の隅にあるデスクの方に向かった。

若林が施術室に入るとすぐ目に飛び込んで来たのは、足を大きく開いた千春の股間にバイブが刺され3つの電マが責め立ている状況だった。

もちろん、カーテンで見えないというのは嘘に決まっている。

「若林君、悪いけど伊崎さんがストップと言ったら、そこの停止ボタンを押してくれないか」

「えっ、、、あ、はい、、、」

想像以上の風景に言葉を失い口をポカンと開けていた若林は我に戻り、千春の上半身側に回りこんだ。

無理もない、高校生の少年には相当刺激的な状況であった。

「若林くん、、、、はぁ、あんっ、、、、」

チームメイトに恥ずかしい顔を見られたくない千春だったが、容赦なく責め立てる器具が与える快感から逃げることが出来なかった。

千春の顔は、真っ赤に上気して妖艶な表情をしていた。

「千春、辛いだろ、俺、わかるぜ」

あくまでも設定を守る若林は、言葉では心配そうな声をかけるが、チラチラと千春の胸を見ていた。

器具による責めで、身体のあちこちの筋肉が収縮を切り返し、その振動で柔らかく大きな乳房がタプンタプンと揺れている。

その薄い生地の奥に白い肌の乳房があり、手で隠したその下に乳首があることが想像させた。

「千春、今は辛いけど、これを我慢したら、一緒にオリンピックに行こうな」

そう言って若林は千春の手を取り、両手で掴むと千春の目を見た。

もちろん、施術着から透ける千春の胸を見たいが為の演技である。

(ごめんね、若林君が体験した辛さとは、違う辛さなの、、、、)

自分が気持ちよくて苦しんでいる事を若林が知らないと思っている千春は心の中で謝っていた。

「ん、ん、うぅん、、や、、だめ、、ん、辛い、、や」

千春は若林の眼差しが辛くて、若林から顔を背け沸き起こる快感に耐えた。

千春の視線がなくなった事で、若林は千春の乳首が透ける施術着をガン見している。

「千春、頑張れ、千春」

そう言って、手を揺らすことで胸を揺らして柔らかさを確かめる若林だった。

そんな行為の目的を知らない千春は、普段なら何度も千春と呼ばれて怒るところだったが、そんなことも忘れて明らかに快感に溺れている艶のある表情を隠せないでいた。

(これが、いつもあどけない笑顔をしている千春なのか?)

そんな色気のある千春の表情を見た若林は興奮に生唾を飲むことしかできず、千春のその表情をただ眺めていた。

千春11 - 女の敵は近くに潜んでいる
<< 最初 < 前頁 | 目次 | 次頁 > 「あぁぁぁ、だめぇぇぇ」 電マとバイブの執拗な責めに顔を真っ赤にした千春に、また限界が迫ってきた。 「頑張れ!千春!100になったら終わりだぞ!、、いま56!...