千春15 – オナニーは乙女の秘め事

若林はゆっくりと、そしてすぐには決してイカせないように、こんどは人差し指の腹で陰部全体を刺激した。

「いつも、オナニーでは、どこを触ってんだ?、、、そこを触ればイケるんじゃないか?」

上下する指を膣口の辺りで止めて、陰核を触らないようにしながら質問する。

さっき髭グマに告白した言葉をドアの向こうで聞き耳を立てていた若林は、その答えが陰核だと知りながらわざと質問しているのだ。

「いつもは、、、、そのぉ、、、あぁん、、、いつもは、もう少し、上を触ってるの」

(いやぁぁぁ、若林くんにまで、オナニーの話しをするなんてぇ、、、、、でも、、、このままじゃ、、、迷惑かけちゃうから、、、、、そうよ、、、、)

「ここか?」

陰核の周り全体を優しく撫でながら、若林は質問を続ける。

「はぁぁ、そこ、、、あ、あぁぁぁ、そこを、いつも、触ってるの」

若林は、既に顔を出した陰核を人差し指の腹でゆっくりと撫でる。

時より膣口に戻り愛液を指に絡ませまた陰核に戻り撫でると、陰核に指が触れるたびに千春の腰がビクッと弾む。

何度かそれを繰り返すと、陰核が完全にプックリと膨れ上がった。

赤く桜色に隆起した陰核には、さらに優しく愛撫をしていった。

若林は左手で毛を剃った後が少しわかる陰部の上の持ち上げると、無防備になった陰核を責め立てる。

「はぁん、そこ、気持ちいいよ、、、はぁ、そう、、若林くんの指、、自分でするより、気持ちいい、、、、、、、、はぁん」

陰核を剥き出しにされて触られる、いつもより強い慣れない快感に身体を何度もビクビクさせながらも、若林のゆっくりとした責めに千春の口調もゆっくりになる。

千春は施術着をギュッと握り、顎を上へ突き上げビリビリと連続して押し上げてくる陰核からの快感を、素直に全て受け止めようと全神経を陰核に集中していた。

「どう?イキそう?」

絶頂までは追い込まないようしている若林がまだ虐める。

「あぁぁ、気持ちよくてイケそうなんだけど、、あぁ、まだ来ないよぉ、、あぁ、私の身体、、どうなっちゃったの、、、、あぁ、若林君、そ、そこを、、、く、クリトリスを、もっと強く、、強めに、、、」

「伊崎さん、モニターのスコア見てるか?」

髭グマが、スコアを自分で下げておいて、わざとらしく質問した。

「ご、ごめんなさい、、、、、、もう19です、、、、、、、、再開してください」

(やだぁぁ、イケなかった、、、また、、、、また始まるの?、、、、、もう無理、、どうにかなりそう)

若林は素早く装置を千春に挿入し、電マとバイブの稼働を再開した。

剥き出しになった陰核からこれまでよりも数倍もの大きな快感が与えられる。

「いゃぁぁぁぁぁぁぁ、これ、ダメェェェェェ、いゃぁぁぁ、、ダメダメダメ、、、止めて、本当にダメェェェ、、、、、やだ、もう、、我慢できないから、、、」

膣内のバイブも千春を責め立てて、快感を一気に上昇させていった。

「頑張れ、千春!全然、スコアが上がってないぞ、よし、さっきみたいに、小まめに上げるぞ、せれて、30まで!」

若林は既に千春の身体の反応に熟知して、面白いように千春を限界の淵で泳がせる。

ゆっくりと上がっていくモニターのスコアに合わせて、若林は千春の快感を最大限に高めていった。

「ひゃぁぁぁぁぁ、、、はぁ、はぁ、だめぇぇぇぇ、、、ほんとに、もう、む、いゃぁぁぁぁぁぁ、、まだ28、、、早くぅ、、やぁぁぁ、、ヤバイ、ま、マジで、、や、無理、、、もう、も、もう、イカせて、あぁぁぁぁぁぁ」

「よし、30、器具を外すぞ」

若林が器具を外すと、陰部がパックリと口を開け閉じようとしない。

千春の身体は、もう完全に絶頂を待ち望んでいるようだった。

「はぁ、はぁ、はぁ、、、、若林くん、、お願い、もう、ダメ、ホントに、、も、もうイカせて、、も、もう、ダメ」

「先生、僕、女の子の身体って、わからないや、代わってください、、、」

若林は、髭グマの目線を感じて交代を余儀なくさせられた。

「わかった、じゃあ交代しよう、、、、伊崎さん、どうしたいか教えてください」

「はぁ、はぁ、え、えっと、ゆ、指を、な、中に入れて、あぁぁぁん、そうです、、、、そして、、い、陰核も、クリトリスも、グリグリって、あぁぁぁん、、、、そうです」

髭ぐまは千春に言われる通り、受動的な愛撫をする。

人差し指をゆっくりと膣に挿入すると、逆の手の親指の腹で陰核を押し付けるようにゆっくりと弧を描く。

「これで、イケそう?」

同じようにわざとゆっくり指を動かす髭グマ。

それは、我々は言われたことしかしませんよという意思の表れで、千春に恥ずかしい指示を自らさせるための暗示である。

「はい、多分、あぁぁぁん、気持ちいいです、あぁぁん、あん、でも、で、出来たら、もう少し、あぁぁん、も、もう少し、つ、強めに、あぁぁん、そう、あと、出したり入れたり、あぁん、あぁぁぁ」

千春が胸のあたりで手をソワソワしながら、若林の方をチラチラ見ていた。

自分で胸を触りたいのに若林が見てるから触れないという意味だった。

「どうした、おっぱいを触って欲しいのか?」

「ち、ちがっ、、、、、、、、、いえ、、、、、お願いします、、、、若林くん、、、、胸を、、、、おっぱい、触ってください、、、、」

千春は目をつむって覚悟をしたような表情で若林に胸への愛撫をお願いした。

これで、2人で下半身と上半身を作業分担して、千春を快楽に溺らせることになった。

若林は両手を千春の胸に伸ばし、乳房を下から寄せ上げるように握ると柔らかい千春の乳房に全ての指が埋まってゆく。

そのまま優しくゆっくりと乳房だけを愛撫していると千春の鼻奥から甘い声が漏れる。

「若林くん、、、、、そこの、、先の、、、、、、乳首の、、、、、、、、」

千春がゆっくりと揉まれる自分の胸と、若林の顔を切なげに交互に見ながら哀願する。

若林も髭ぐまに習って、千春に言われたことだけを実直に行動に移す。

「あっ、、、、そう、、、、そこを、、、、、、うん、、そう、、、あぁぁぁ、、、気持ちいいいです、、、、あぁ、、、、」

両方の乳首を左右の2本の指で軽く摘まむと、千春の顎が天井に向いた。

「あっ、、あぁん、、、、おっぱい、、気持ちいい、、、、乳首が、、、あぁぁん、、そう、、、、やっ、、どうしよ、、、、やだ気持ちいい、、、、、、ねぇ、先生、、、、アソコも、、、、、マンコの中の指を、、、、強くして、、、あっ、、、そうです、、、、クリトリスも、、、グリグリって、、、、やぁぁぁぁ、、、、だめぇぇぇ、、、そう、、、、イケそうです、、、、、続けて、、、、、あぁぁぁ、、、気持ちいい、、、、、、」

髭ぐまも、指の圧力を少しずつ強めて千春の快感を徐々に徐々に高めていく。

「あぁぁぁ、あぁぁぁん、そう、あぁぁぁ、そこ、そこです、あぁぁぁん、、、、、そこが、、、そこが気持ちいい、、、、、やゃあ、、どうなってるの?、、、、、やぁ、、、それ、、、そこ、、、、イケそう、、、、もう、、イケそう、、、、、、やぁあ、、、来るよ、、、、、あぁぁぁ、、、、くるくる、、、、、、そのまま、、、、おっぱいも、、、マンコも、、、、やぁぁぁ」

待ち望んでいた大きな絶頂がやっと訪れる期待で、千春は目をつむり2人の責めを全神経を研ぎ澄まして受け止めようとしていた。

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん」

徐々に強さや速さを高め、明らかに絶頂を迎える寸前で髭グマが言う。

「だめだっ、指が疲れた、、、、若林君、ちょっと交代」

「そ、そんなっ、、、、、、やだ、、、、もう少しで、、、」

(ごめんね、千春ちゃん、もうちょっと苛めたくなって)

「千春、どうすんだっけ?もっかい教えて」

また最初から恥ずかしい指示をしなくてはならない千春は、落胆しながらも怒ることも止めることも選択肢には出来ない。

何度も素直に恥ずかしい言葉を言っている千春だったが、心の奥に隠れてしまった本当の自分は身体が消えてなくなってしまうほど恥ずかしく、それが更なる快感を引き出すことになっていた。

「若林くん、、、、ゆ、指を、中に入れて、、、、、、、お、おマンコの中に入れて、、、、、、、ク、クリトリスをグリグリって、、、、、強く擦ってください」

「こうか?」

「あぁぁぁん、、、、そう、それ、、、、そこが気持ちいい、、、、、、あぁぁん、、、そして、指は、入れるだけじゃなくて、あぁぁぁん、、、、、そう、、、、中で動かして、そこの上の方かな、、、、、そう、そこを、、、、ぎゅーって、あぁぁぁん、、、、、そうよ、、、、、で、もう少し早く、もっと大きく動かして、、、、、やぁぁぁぁ、、、それぇ、、、それ気持ちいい、、、、次は、出したり、そう、あぁぁん、入れたりも、、、、はぁん、それもいい、あぁぁぁぁぁぁぁ、、、、だめぇぇぇぇ、、、、、、」

限界を何度も寸止めされた女の子は、こうも素直になってしまうものかと女の子の底知れない貪欲さを2人は感じていた。

千春16 - ついに訪れる待望の絶頂
<< 最初 < 前頁 | 目次 | 次頁 > 「伊崎さん、僕はどうすればいいかな?」 千春の横に立ち、とぼけた顔で髭グマが質問をする。 「先生も、む、胸をお願いします」 髭グマは品定めでもし...