千春23 – 生で挿入される男性器に

「はぁぁ、わ、私、、、おかしいんです、、、何度もイッてるのに、、、その、、あぁぁぁぁ、またイキそう、、、、イッても、イッても、、その、、してほしくて、、その、、、お、お、おチンチンが入ることを、、、想像しちゃうんです」

千春はもっとも恥ずかしい告白をしてしまい、たまらず男性器を握っていた両手で口元を隠した。

手についた男性器のほのかな香りが、鼻から脳へ侵入していくのを感じ背筋がゾクっとした。

「えっ?、、、男性器を挿入してることを想像してるだって、、、そんなはずないだろ、、、、高校1年生の処女の女の子が、男性器を入れてほしいってことか?」

そう言いながらも髭グマは、千春の膣に指を挿入してもう片方の手で陰核を同時に責めた。

「やぁぁぁ、、、、また指、、、、それ指です、、、、だめぇぇぇ、、、すぐイっちゃうから、、、やっ」

「ここの中に、おチンチンを挿れてほしいの?」

髭グマはゆっくりとした責めで千春をいとも簡単に絶頂の淵まで追い詰めた。

「はぁぁぁぁん、、、だめぇぇ、、、、またくる、、、、、やぁぁ、、、、あぁ、、、イキそう、、、、ねぇ、、、指じゃなくて、、、、、あぁぁぁ、、、、、あっ、、、あっ」

千春をまた絶頂の淵で泳がせたところで、また指を抜いて亀頭で膣の入り口を愛撫する。

「やぁ、、、おチンチン、、、、、、それで、、、、ねぇ、、、、イキたい、、、、、ねぇ、、、そんなんじゃイケないぃ、、、、ねぇ、、、」

しばらく膣の入り口と陰核を固くなった男性器で弄った髭グマは、若林に陰部担当を託して千春の枕元に移動した。

若林は、今日学習した全ての技と知識を振り絞り、ねっとりと絶頂の寸前をキープさせた。

髭グマは千春の耳元の乱れた髪を撫でるように整えると、耳たぶに唇をくっ付けながら優しく囁いた。

「千秋ちゃん、どうしたいの?」

千春の身体は、髭グマの吐息のような囁きと耳たぶに感じる唇の感触に全身を大きく震わせた。

「やぁぁぁぁ、、、、、、、あっう、、、、ん、、、、、、、だめぇぇぇぇ」

「だめじゃないだろ、、どうしたいか教えてくれないと、、、発散できないんじゃないかぁ?」

そう言いながらも、唇で耳たぶを挟むと、また大きく千春の身体が跳ねた。

それに合わせて若林も膣の中の指をゆっくりと膣上部に圧をかけるように愛撫した。

残りの二人も優しく乳房を揉みしだく。

「は、、、、、は、はい、、おチン、、、、男性器を入れないと、、発散できないかも、、、、、、、、やぁぁ、私、、、なんてこと、、、、」

千春は、目隠しした顔を両手で隠したまま消え入るような声で答える。

千春の目隠しの下の顔が羞恥に満ち溢れていることは男達には手に取るようにわかった。

髭グマは勝ち誇ったような足取りでまた千春の下半身の方へ移動していく。

「まさか、そこまで淫乱とは、、、、しかし、困ったな、、ここにはコンドームがないぞ」

髭グマは自身のいきり勃った男性器を握ると、その先端を千春の陰部の亀裂に沿って、先走り液を擦り付けるように上下する。

髭グマは念願の千春の陰部を自身の先端に感じて、興奮と期待で感情をコントロールするのがやっとだった。

「千秋ちゃん、もう本当にこのままだと終わらないから、自分に正直にどうしたいか言ってみて、、我々はなんでも協力するから、どうしたいか指示してしてもらえるかな」

髭グマは、千春にはっきりと告白させるために、男性器の先端で陰核を刺激したり、膣口の入り口に少し亀頭を半分埋めてみたりして千春の欲求を駆り立てる。

「わ、、、、、私、、、、、、、その、、、、、そのまま、、、、入れてほしいです、おチンチンを、、、、、あぁぁ、そこに、、、アソコに、、、ズブって、、そのまま、、い、入れてほしいです」

千春はもう両手を顔から離せないまま、すすり泣く様な声で哀願する。

「いやぁ、、でも、、、コンドームが無いからなぁ、、、いくらなんでも協力するって言っても、、、、生でするのはちょっと」

そう言いながらも、髭グマの亀頭は既に千春の膣の入り口に全が隠れそうだった。

「こ、、、こ、、、コンドームいらないです、、、、、、な、生でいいです、、そのまま、生でおチンチンを、私の、、ア、アソコに入れて、、、、、ください」

「千秋ちゃん、わかったよ、、、、そうしないと発散できないんだね、、、、、これも千秋ちゃんのためか、、、このままチンコを挿れればいいのね、、、」

千春の愛液で既に光った亀頭が、パンパンに膨張して千春の膣口に見え隠れしている。

「はい、、、、そのまま、、、中に、、、、、チンチンを、、、ぐーって、、、、、、、中に、、、そう、、そのまま、奥に、、、、アソコの、、、マンコの、、、膣に中に、、そう、、、そのまま、、、、」

髭グマの男性器が、ゆっくりと千春の陰部の中に埋まっていった。

1センチほど進んではまた腰を引き、また1センチ中に進む。

「あぁぁ、、、、入ってる、、、、、そう、、、、やぁぁぁぁ、、、、気持ちいいぃぃ、、、、あぁぁぁ、、、、そう、そのまま、、もっと、、、、やぁぁぁぁ、、、おチンチンが、、、あぁぁぁ、、、あぅ、、」

(あぁぁぁ、、入ってくる、おチンチンが私の中に、あぁ、髭グマなんだわ、私の初めての人は、髭グマ先生なのね)

千春は、挿入してもらうことだけで頭がいっぱいで、人生で最初の相手が誰かなどという考えはすぐ消えていった。

いくつかの感情が入り混じり、狂いそうになりながら、唾を飲みその時を待つ千春にその時は来た。

何度も亀頭を出し入れしながら愛液を陰茎にまでなじませると、髭グマの男性器がグジュッを音をたてて千春の中に段々と奥まで入っていった。

「うぐぅ、はぁぁぁぁぁぁ、いいぃ、おチンチンがぁ、あぁぁぁ、気持ちいい、それがいいです、、、、、あぁ、気持ちいい、これ、これが欲しかったのぉぉぉ、、、そのまま、、、そのまま動かして、、、」

(す、すごいわ、おチンチン、、思ってた以上にすごく気持ちいい、、あぁぁ、中が、ひ、広がる、あぁ、先生の、、おチンチン、き、気持ちいい、、)

髭グマは、念願の千春への挿入にこれまでの計画から準備、そしてこの二日間の出来事が走馬灯のように脳裏を駆け巡っていった。

髭グマの男性器が根元までしっかりと挿入されたところで、千春の膣内を味わうかのようにゆっくり小刻みに動かした。

「あぁぁん、すぐイッちゃいます、、、、それ、、、き、気持ちよすぎる、あぁぁん」

千春の言葉通り、膣内の筋肉がヒクヒクとうねるように髭グマの男性器を締め付ける。

髭グマは、イキそうになる千春の反応をみて急に冷静になった。

髭グマの腰は、だんだんと大きくゆっくりとしたピストンの動きに変わっていく。

「ほら、どうして欲しいか言わないと、いつまでたっても終わらないぞ、、、」

(これが、最後の仕上げだよ、千春ちゃん)

「いやぁぁぁぁぁ、、、おチンチン気持ちいい、、、そのまま、、、動いて、、、、そう、、、ぎゅって、、、突いて、、中を、、、、マンコをぉ、、、やぁぁぁ」

「他の男子にも、お願いして、ほら」

千春の痴態に呆然としていた男子もハッと我に返る。

「は、はい、、、お、おっぱいを、、、、触って、、、舐めるのが気持ちいいです、、、両方のおっぱいを、、、そぉぉぉぉ、、、、やぁぁぁぁ、、、、、、」

「み、耳も気持ちよかっ、やっ、、、、、それっ、、、、、、だめっ、、、、、やばっ、、、、、、あぅ、、、、、う、、、、う、う、、、、」

「おチンチンも、、、、動くの気持ちい、、、、あぁ、、、、イク、、、、そう、、、それがいい、、、、あぁぁん、、、これ、、気持ちいい、、、、あぁぁん、、、イクぅぅ、、、、、あぁぁぁぁぁ、、、、イクイクイクイクゥゥゥゥ、、」

その瞬間、髭グマが男性器を千春の膣からすっと抜いた。

「やぁん、、え?」

口を開けて呆然とした千春と同じように、千春の膣口も口を開けてパクパクしている。

「ふぅ、危ない、俺もイクとこだった、、誰か交代してくれ」

もちろん髭グマには、まだまだ余裕があったが、期待でワクワクした男たちの目で見つめられ泣く泣く順番を回したのだ。

(あぁぁぁ、いますごい波が来てたのに、、、え?交代?、うそ、、、、あぁ、やっぱり皆で、私に入れてくるのね)

次の順番の男は若林だった。

若林も心臓が飛び出るほど高揚していたが、落ち着いて自分の硬くなった男性器を千春の膣口に角度を合わせる。

若林は千春の陰部を見つめ無言で千春の陰部にゆっくりと挿入していった。

若さですぐにでも早く腰を振りたい心境であったが、髭グマの大人の所作を学んだ若林は努めてゆっくりと奥まで挿入していく。

「え、誰?、、、あぁぁぁ、入って来る、、、あぁぁっぁぁ、、、、このおチンチンも気持ちいい、、、」

初めて受け入れる男性器に恐怖心から身体を硬くしていた千春であったが、男たちのやさしい動きに恐怖心より快感を受け入れることが出来た。

千春の膣内のうねりを感じた若林は、そのことを知っている髭グマの方を見て軽く頷いた。

男たちの間で、兄弟の契りのような、そんな連帯感が生まれていた。

若林は、髭グマに習ってゆっくりと腰を振っていく。

若林の少し弛んだ皮と、千春の破れたばかりの処女膜が何も隔てない生の状態で擦れ合う。

「やぁぁぁ、、、すぐイクよ、、、ねぇ、、やだ、、、これ、、気持ちよすぎる、、、イクね、、、、、やぁぁぁぁぁぁぁぁ」

千春の限界を知った若林は、名残惜しそうな表情で千春から男性器を抜いた。

「やぁぁ、、お願い、いま、イケそうだったの、凄いのが、つ、続けてください」

そう言われると次の男がまた挿入した。

次の男は田村だ、少し角度を変えて奥まで届くように急に激しく打ち付けた。

「ひゃあっ、、、やぁぁぁぁぁ、、、、」

「スコアが上がってます、もう92です」

スコア担当の声を、頭の片隅で聞きながら千春は絶頂の際を行ったり来たりしている。

田村は自分を制御できず、腰を激しく何度も打ち付ける。

「あぁぁぁ、こ、これ、いい、あぁぁぁ、どうなってるの?、あぁぁぁ、おチンチン、き、気持ちいい、イキます、イキます」

そしてまた寸前で引き抜いた。

今度は激しいピストンにより絶頂の入り口に入りかけていた千春は、パクパクと口を開け行き場のない快感に苦しんだ。

「ごめん、俺もイクとこだったよ」

そして、千春が何も催促しない内に最後の男の小林が挿入する。

同じように絶頂の寸前まで追い込んだ小林は、そこからはストロークを緩め寸前の状態を維持するのだった。

「はぁん、はぁ、はぁ、もう抜かないでください、そのまま、そのまま、イカせてください。」

「そんなこと言われても、中に射精するわけにはいかへんやろ」

千春24 - 少女を虜にする女性の性
<< 最初 < 前頁 | 目次 | 次頁 > 千春は、この言葉まで言わないといけないのかと最後の理性と戦っていた。 しかし、もっと前から生理周期アプリの安全日を示す青いマークが今日付いていたことを思い出し、脳裏では勝手に答えを...