千春25 – 少女の中に響く射精の音

「あぁぁぁ、あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、イキます、あぁ、続けてぇ、、中でいい、、抜かないで、中でいいから、、やぁぁぁ、、これ気持ちいいい、、、おチンチン気持ちいい、、、やばい、、、やばい、やばい、、、続けて、、、抜かないで、、イクから、、、あぁぁぁ、、いぃぃぃ、、、」

髭グマが何も言ってくれないので、千春は続けて欲しい一心で、ずっと中出しを懇願することになった。

「中で、な、中で出していいから、あぁぁん、中で射精して、中で、中で、、そのまま続けてください、、あぁぁぁ、、中で出していいから、、、やぁぁぁ、イクぅ、、抜かないで、、、」

「なに、そんなに中出ししてほしの?」

「中出し、あぁ、中出しして、中でぇぇ、あぁぁぁぁぁぁん、、、、続けてぇ、、、やめないでね、、、、中出し、、、中出し、、中出しでいいから、、続けてぇぇぇ、、、、、、、、、やっ、、、、、あ、、、、、うぐっ、、、」

ビクンビクンと全身が揺れ、腰が勝手にグライドした。

明らかに絶頂を迎えた証であったが、髭グマは腰を振るのを止めなかった、髭グマのそれはもう子宮の入り口に照準を合わせ、千春のことなど考えることもなく自らの射精に向けて無心に腰を振り続けた。

小柄な千春の身体を抱えるようにして自らの腰を打ち付ける。

両足を大きく開き身動きが取れないほど強く抱えられた千春は、これから未体験の『射精』が待ち受ける。

その征服感と背徳感が、さらに千春の快感を『女』のそれへと変化させていく。

「あぁぁぁ、、、や、先生、、、私、イッてるの、、、イッてるのに、、、、やぁぁ、ず、ずっと、終わらない、、、、、、い、イクのが、、、終わらない、だめぇ、、あわぁわぁわぁわぁわぁわぁわぁ、、あうう、、うぐぅ、あぅん、、、ん、、、ん」

千春が限界を超え、言葉が出なくなった頃、髭グマのその先端は一番奥に固定されドクドクと子宮に目掛けて発射された。

(あぁぁぁ、これが、射精、ビクビクしてる、なにか奥に出てるのがわかる、これが精子なのね、精子が奥にかかってる、精子熱い、射精気持ちいい、中出し気持ちいい、私は、これをずっと待っていたんだ、もう忘れられない、、、、、戻れない)

薄れゆく意識の中で、動物学的に女性にとって一番甘美な快感を否応なしに脳裏へ刷り込まれていった。

最後まで中の感触を味わった髭グマは、ゆっくりとそれを抜いた。

ぐったりした千春も、それが抜けるヌルッという感触に、またビクンと身体を跳ねさせる。

その後も動こうともせず、時よりブルッと全身を震わせていた。

すると次の瞬間、千春から力ない声が漏れた。

「あぁぁぁん、あぁぁぁ、まだダメ、あ、あ、あ」

次は、功労者の若林が千春に挿入した。

挿入したまま、千春の上半身を持ち上げ、女性上位の体制にする。

そして、奥に残る髭グマの精子を掻き出すように、ぐちょぐちょと音をたてて下から突き上げるのだった。

(これが夢にまで見た千春とのエッチ、髭グマに乗ってよかったぁ)

拘束された千春に挿入していた時には現実味が無かった千春とのセックス。

若林はチームメイトでありクラスメイトでもある千春を抱き上げた瞬間に、千春と本当にセックスしていることを実感した。

「だめ、や、、、だめぇぇぇ、、んん、はぁぁぁ、やぁぁぁぁ、また、来るよ、すぐイッちゃうよ」

「俺も、もうダメだ、、、、抜くよ、、」

(この声は若林くん?、、、あぁぁ、私、、、、、あの若林くんにも、、、、、やぁ、、またイキたい、、、どうしちゃったの、、、、私、、、、、、)

若林は、まだ少しの余裕はあったが、髭グマに習って限界だと告げた。

そんな意図も気にする余裕もない千春は、既に次の絶頂に向かっている身体が勝手に口を動かす。

「やぁ、、、だめ、、、それじゃイケない、、、、ねぇ、抜かないで、そのまま、中でいいから、、、、、、あぁぁぁ」

「えーやだよ、、、、中に出したら妊娠しちゃうじゃん」

そう言いながらピストンのストロークをゆっくりしながら千春を焦らす。

「ねぇ、、お願い、、それじゃイケないの、、今日は大丈夫な日だから、、ね、、そのまま、、な、中に、、続けて、、、、、そのまま、、、、あぁぁぁ、な、中に、、」

「じゃあ、俺の言う通りにしたら、中出ししてあげるよ」

「え、や、だめ、抜かないでぇ、、あぁぁぁ、き、ききます、はぁぁぁ、、、え?なに?、、言う通りにします、、だから、ね、、、、、、う、イキそう、、、、抜かないで、あぁ、イキます」

「じゃあ、イク時に目隠しを取ってくれるかな、イク寸前にだよ」

千春の答えを聞く前に激しく腰を突き上げた。

(な、何を言ってるの?、、、、若林くん、、、、、、私だってばれちゃう)

千春は余裕の思考でそれだけは判断できた。

「え?あぁぁぁ、だめ、取ったら、顔が、、、、やぁぁぁ、、抜かないで、え、どうすれば、、、、ねぇ、そのまま、あぁぁぁ、イクの、またイッちゃうの」

「じゃあ、俺がイク瞬間に目隠しとってやるよ、、、、、、イクとき言ってね」

田村が千春の横に立ち、目隠しに手をかける。

反射的に田村の腕を掴む千春だが、その掴む手は絶頂時にシーツを掴むようにギュッと握りながら小刻みに震えた。

「だめぇぇぇっ、、、、そ、そんなの、、、だめよ、、、、あっ、、、や、イッちゃう」

千春の身体の痙攣の合図に合わせて田村が千春の目隠しを引き剥がした。

「きゃっ、だめぇぇぇぇ」

千春は両手で顔を隠したが、煌々と光る蛍光灯が目に差し込んできた。

ずっと目隠しをした千春は、こんな明るいところで全裸を晒していたことを再認識させられる。

顔を隠した手の隙間から慌てて辺りを見渡す千春の目に飛び込んだのは、4人の男がこっちを見てニヤニヤと眺めている風景だった。

「やぁぁ、、田村くん?!、、、見ないで、だめぇぇぇぇ、、、あっ、、、、、、、だめ、、、、、、、そんな、、、、あっ、、、、、、、、」

髭グマと若林以外にも顔見知りの男が2人もいることと顔を見られてしまったことのショック、そして今までの痴態をこうやってニヤニヤと覗き込んでいた現実を思い知らされ感情がパニックを起こした。

しかし、絶頂が既に始まっていた千春はそのまま快感の渦に溺れるしかなかった。

「見ないで、やぁぁぁぁ、、小林くんも、、、やぁぁぁあ、、、、、あっ、、、、、、、だめ、、、、、、、そんな、、、、あ、、、あぁぁぁぁぁぁ、だめぇぇぇぇぇぇ、、、、、、い、、、、、く、、、、、、」

羞恥心を快感のスパイスに変えて、甘美な絶頂を味わい最後は自らも腰を振り欲しいところに擦り付けた。

最後は顔を隠すのも忘れ、若林が差し出した両手を掴んで力の入らない身体のバランスをとった。

若林は千春がイクと同時に、千春の望みどおり奥に射精した。

「やぁぁぁ、、、出てるぅ、、、、、、、精子ぃぃぃぃ、、、あぁぁぁぁぁぁ、、、、、、あっ、、、、、、、うぅぐ、、、、」

ぐったりする千春をゆっくりその場に膝を立てたまま、うつ伏せに寝かせる。

若林が射精後すぐに男性器を引き抜くと小刻みに収縮する千春の腹筋に合わせて陰部から精子がブジュブジュと漏れる。

三番手の田村とハイタッチをしてバトンを渡した。

田村は、すぐさま腰を持ち上げバックから挿入したが、千春の反応は無く、まだぐったりとしていた。

しばらくすると意識が戻るより先に喘ぎ声が聞こえた。

「あぁぁぁん、、、、あっ、あっ、、、、、、わ、私、、、、やっ」

ピストンに合わせて声を出しながら、思考が戻ってきた。

ハッと後ろを振り返るとクラスメイトの田村が挿入していた。

(あぁぁぁ、わ、私、クラスの男子の前で、みんなの前で、セックスしてイクところを見せちゃった、、、、田村くんなんて、1学期に告白してくれた子なのに、、、、、、やっ、、、あっ、、だめ、、、、、んん)

クラスメイトに見られながら絶頂を迎えた事を思い出した瞬間、千春の身体にまたブルッと電気が走った。

それはバックから挿入され激しくピストンされている事もあるが、明らかに痴態を晒した恥ずかしさを思い出しての事だった。

(私、いま恥ずかしい事を思い出して、軽くイッちゃった、あぁぁぁ、見られながらイクの気持ちいい、クラスメイトの前で、恥ずかしいことされるの気持ちいい、もっと見られたい、やっぱりいま私は淫乱な千秋なんだ)

「しかし、うちのクラスの千春ちゃんにそっくりだなぁ」

2人は千春だと最初から若林から聞かされていたが、惚けた演技をする。

(えっ、バレた、、、、バレたの?、、やだ、明日から学校行けない)

千秋になることで現実逃避していた千春だったが、一気に現実に引き戻された。

「確かに、すごく似てるけど、、、、もし千春ちゃんがこんなに淫乱だったら幻滅するよ、、、あ、ごめん千秋さん、、淫乱な千秋さんがダメってことじゃないんだよ、、、、むしろ、千春ちゃんて子は、大人しくてガードも堅いから、僕たちは大人の色気がある千秋さんみたいな子の方が好きだからね」

田村が後ろからゆっくりとしたストロークで千春の中を味わいながらそう言ったので、小林も話しをかぶせた。

「俺なんか、千春ちゃんの事が好きやから、千春ちゃんとエッチしてるみたいでめちゃ感動やわ、、、千秋さんは千春ちゃんより、おっぱい大きいし、なんかお得やん、、千春ちゃんじゃなくて、千秋さんに推しメン乗り換えよかなぁ」

小林が横から無造作にブランと滴った乳房を触りながら千春の顔を覗き込む。

(え、バレて無いの?、、、大丈夫よね、バレてないのよね、、、よ、よかった、心臓が飛び出るかと思ったぁ、、、このまま千秋に成りきって淫乱でいた方がいいのかしら、、、なんか複雑、、、やぁぁぁ、、気持ちいい、、、だめだ、、もう考えられない、、、田村くんのおチンチンも、、はぁ、、気持ちいい)

知らない演技をしている2人は、ニヤニヤしながらこの痴態を続けた。

「さぁ、俺のお願いは何にしようかなぁ」

暗黙のうちに1回の射精で1つのお願いがルールになっていた。

「あ、淫乱な千秋さんにぴったりなの考えたっ、、、、、、、、ウチの高校は付属だから同じ敷地内に大学もあるし、大学生の千秋さんなら入ってきても違和感ないから、学校でまたエッチなことしようよ」

ギャラリーから、『それいいねー』の声があがる。

「俺たちが呼び出したら学校でフェラして抜いてくれるのとかどう?」

と言う小林の言葉にもまた、『いいねー』の声。

高校生の悪ノリに髭グマは苦笑いをしてた。

「ほなら、さっそく連絡先交換しようぜー、、、、若林、千秋さんの携帯持ってきてー」

「えっ、、、、連絡先?、、、やっ、、、そんなにしたら、、、、、、、だめ、、、あぁん、、、」

話しの展開についていけない千春は、容赦なく後ろから腰を打ち付けてくる田村にまた快感を呼び起こされる。

「このアプリ入れて、、、、そうこれ、、、ほんでQRコードを、、、」

「あっ、はい、、、、、、これ?、、、やんっ、、、だめぇぇぇぇ、、、インストール、、あっ、、、できた、、、あん、、、やぁ、、」

自分の携帯を渡された千春は、小林の強引な催促に促されアプリを入れてクラスメートの3人とグループを作った。

「やぁぁぁぁぁ、、だめぇ、、、、激しい、、、、、だめ、、また、、、またイッちゃうから、、、、やぁぁぁぁぁ、、だめぇぇぇぇぇぇ、、、、」

「よーし、そうと決まったら、、今からフェラチオの練習や」

と言いながら、四番手の小林が男性器を取り出し千春の前に差し出した。

(え、どうすればいいの?、、え?したことないから、わからないよぉ)

千春26 - 全てを変えた宴の幕引き
やり方がわからないながらも、小林の男性器に舌を出して迎えにいった。 (これがおチンチンの味、、、やだ、美味しい) 美味しと感じて舐めるだけで、充分に男の快感は引き出せる、やはり千春は、いや千秋は、天性の淫乱なのかもしれない。 ...