千春52 – 迫りくる快感への期待

そしてとうとう両胸担当が唇を両乳首に当てた。

「あぁぁぁ、、、それっ、、、、気持ちいい、、それぇ、、、やぁぁぁぁぁ」

千春はそう言いながら乳首を吸う男子の頭を抑え後頭部の髪を掴んだ。

「ねぇ、、クリちゃんも、、クリちゃんも吸ってぇ、、、イケそうなの、、、ねぇ、、クリちゃんを舐めてぇ、、早くっ」

満を持して矢部が千春の陰部に顔を埋め、剥き出しのクリトリスを吸引すると舌先で転がした。

「それぇぇぇ、、それすごいぃ、、、やぁぁぁぁぁぁ、、、、あっ、、だめ、、、、イク、、、、イッちゃ」

また小林が矢部を蹴った。

矢部のクンニは中断されたが、胸や首筋などの愛撫は続く。

「やぁぁぁ、、なんでやめちゃうのぉ、、、そんなっ、、それじゃイケない、、、あぁぁぁぁ、、、、でも気持ちいい、、、、あぁん、、、うぅん、、、、や、、、だめぇ、、、おっぱいも、、、耳も気持ちいい、、、だめ、、イキたい、、、ねぇ、、、、、ちゃんとイカせてよぉ」

絶頂に突入するギリギリのところでクリトリスへの刺激は止まったものの、その他の性感帯には総攻撃を受け続けている千春は、小さなオーガズムの波形を緩やかに維持した状態で泳がされていた。

少しでも強い刺激を求めて、両胸に覆いかぶさる頭の強く抱き寄せた。

「あぁぁぁぁぁぁぁぁ、、、ねぇぇぇぇぇぇ、、、だめぇぇぇ、、、これ無理ぃ、、、、ねぇぇ、、、、ちゃんとイカせてよぉ、、、、」

そしてまた矢部の高速舌回転クンニが千春を責める。

「それっ、、、やっ、、それがいいっ、、、あぁぁぁ、、イクっ、、、イクね、、、続けて、、、それ続けて、、、、イク、、、、イ」

千春の両足が天井に突き上げられ、指先がピンと天井を指して絶頂の体制に入った。

しかし、まだ小林は許さなかった。

「やだぁ、、なんで、、もう無理、、、、、クリちゃん続けて、、、ねぇ、、ほんと無理、、、」

またクリトリスへの刺激だけやめると、人差し指で膣の入り口もゆっくり円を描くように愛撫した。

「あぁぁぁ、、それ、、、だめ、、、、だって、、、、、きもち、、、いい、、、から、、、、だめ、、、、、あぁぁぁぁ、、、ね、、、え、、、、ちゃん、、、、と、、、、イカ、、、せて、、、、ねぇぇぇ、、、あぁぁぁ、、、だめぇぇぇ」

「イカせてって言われてもわかんないよ、、どうすればいいのよ?」

千春の乱れっぷりを男子たちは見下ろしながらニヤニヤと眺める。

「クリちゃん舐めてぇ、、、強くぅ、、、途中でやめないでぇ」

「俺は?」

「おっぱいも舐めてぇ、、、こっちも、、両方おっぱい舐めてぇ」

「俺たちは?」

「首とか、、、いろいろ、、、もうわかんないぃ、、気持ち良くしてぇ、、、、ねぇ、、、、イカせてよぉぉぉぉ、、、」

両サイドの男子が男性器を取り出して千春に握らせた。

「もぉ、、おチンチンも堅くなってるじゃあん、、、、ねぇ、、、なんでもいいからイカせておよぉ、、、」

そしてもう10回を超える寸止めに向かおうとしていた。

小林はクンニを始めようとする矢部を制して千春の耳元に語りかける。

「千秋さん、お疲れ、もう60分経ったよ、、これで終わりだね」

そして矢部にクンニGOサインを送った。

その他の性感帯も総攻撃で援護する。

「えっ、、終わり?、、、あぁん、、、、、やぁぁぁぁぁぁぁぁ、、、だめぇぇぇぇぇぇ、、イクっ、、、、、イクよ、、あぁぁぁぁぁぁ、、あ、、、ん、、、、イクから、、、、、、やめないで、、、、イク、、あぁぁぁ、、、気持ちいぃぃぃぃ、」

小林が限界の限界を見計らって合図を送ると、全員の責めがストップする。

「もぉぉぉぉぉ、、なんでよぉぉぉ、、やだぁ」

両手に握った男性器を撫でながら千春が首を振って怒りだした。

小林が半笑いでまた耳元で囁く。

「千秋さん、もう終わったよ、集中治療」

「もういいのぉ、、、イキたいのぉ、、、ねぇ、、しよう、誰か入れて」

「えー?、、ここにいるみんなでしていいのー?」

「もうどうせするんでしょぉ、、、いいからしよ」

自分への言い訳である『治療のため』という大義名分を失った千春はあっさりと欲望を受け入れた。

「そんなに俺たちとセックスがしたいんなら、しゃーないから付き合うよぉ」

ニヤついた小林は男子たちに目配せをする。

誰からいくか男子たちが顔を見合わせていると、既に矢部がズボンとパンツを脱いでいた。

「ぼ、僕からでいいですか?」

先ほど、童貞を卒業したばかりの矢部のソレは、やる気に漲った形でそそり立ったいた。

「お、おお、、どうぞ、どうぞ」

他の男子たちは急に積極的になる矢部が男になる瞬間を目撃した気持ちになった。

「なぁ、誰が一番千秋さんをイカせられるか勝負しようぜ、、、、千秋ちゃん、ちゃんと、イッた数をカウントしてね」

千春は相変わらず思考が追いついていなかったが、なんとなく頷いた。

「はぁぁぁぁぁぁ、、あぁ、矢部くん、、硬い、、はぁぁん、気持ちいいよ、、」

まだ若葉マークの矢部は、躊躇なく一気に根元まで差し込み腰を振りだした。

「やだ、、、、そんな、、激しい、、や、、もう、イッちゃう、、、え、イッていいの?」

ずっと寸止めされていた千春は、パブロフの犬のようにキョロキョロ周りを見渡す。

「そんなにイキたいならイケばいいじゃん」

「イクね、、、イッていいのね、、あぁぁぁ、、気持ちいい、、、矢部くん、、、あぁぁぁぁ、、あ、、イ、イク、、はぁぁぁぁぁぁ、、ん、、、イクよ、、、やめないで、、、、あ、、、、だめ、、、、あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、、、、、んっ、、、、、ん、、」

千春の身体は一直線に伸びたかと思うと、両脇にいた男子の手をそれぞれ両手に握り締めながら身体が大きく数回波打った。

口は大きく開かれたままだが声が出ることもなくがくがくと震えている。

「うわー、、すごいすごい、、、、、、溜めてたねぇ、、、、すごいイキっぷり、、、、、千秋さん、、、、ねぇ、、、、ねぇってば、、イったら回数教えてよ」

「はぁ、、、、、、、、はぁ、、、、、、、はぁ、、、、、え?、、、、、あ、うん、、、、い、1回、イキました、、や、、だめ、、そんな、、矢部くん、、、、、また、来るよ、、だめ、、激しい、、やん、、、イクよ、、やぁぁぁ、、、、、またぁ、、」

千春53 - おしゃべりしながら乱交
千春は、早くも2回目の絶頂を迎えた。 「ねぇねぇ、千春ちゃんって呼んでいい?」 「その設定いいねぇ、千春ちゃんともこんなことしたかったんだよね、千春ちゃんとエッチしてるみたいで最高じゃん」 男子たちは千春にバレない...