千春55 密かに再開された羞恥な罠

「えっ、、、、、え?、、、ち、千夏、、、千夏さんって、、、」

田村と小林の両方の顔を交互に見ながら千春は明らかに動揺していた。

「そうそう、千夏さん急にアカウント削除して連絡とれへんようになってん」

状況のわからない小林が耐えきれず二人の会話に割って入る。

「へぇ、、、それはいつから?」

田村が小林の方を向き、男子ふたりが向き合っての会話が始まる。

「いや、それは、、、えーと」

「俺や髭グマの知らないところで、千夏さんとなんかあったの?」

明らかに何かに勘付いてる様子の田村。

「ごめんっ、田村、、、、、、、実は千夏さんと他のやつらと俺んちで乱交したっ」

乱交という言葉に反応してとっさに千春が弁解しようとしたが、千夏の痴態を千春が知る由もないことに気付き口を押えた。

「他のやつらって誰よ?」

「そ、それは、、、、、、えーとっ、、、、、、と、徳井と遠藤と、馬場と渡部と、、、あと矢部かな」

「矢部ぇ?」

田村を差し置いて他の男子を誘ったことに後ろめたさを感じていた小林は、田村の高圧的な態度に委縮した。

「さ、最初は俺入れて5人やってん、、、、そのあとその場のノリっていうか、、、千夏さんがその場でクラスの集合写真から矢部を選んで、、、、呼び出した」

ペラペラとあの日の出来事を喋り出す小林を制止したいが、当事者ではない千春はそれをハラハラしながら傍観するしかない。

「それで?」

「ほんで、、、、、、2回俺んちで乱交して、先月は朝までずっとエッチしてた、、、、、、、、、ちゃうねん、これは人助けやねん、千夏さんが困ってて」

「それは聞いたよ髭グマから、俺の問題にも関わることだからな、、、、、」

田村の堅く握られた拳は小さく震えていた。

「にしても千春、、いや、千夏さんはそんな簡単に誰とでもやっちゃうんだ」

田村は小さく呟いた。

以前、千春に告白した田村から小さく漏れた本音は千春の心に突き刺さる。

田村は千春の方をちらっと見ると、天井をしばらく見上げて大きく息を吐いた。

「なぁ、千夏さんって千春ちゃんに超そっくりだったよな?」

「お、おぉ、めちゃくちゃ似てんなぁ」

目の前の男子ふたりが小声で話し出す。

ふたりの会話を聞いてはいけないような空気ではあるが小声でも耳に入ってくる。

「あれさぁ、実はあれは千春ちゃんで千夏さんなんて存在しないんじゃない?」

「えっ、それってあんな淫乱なんは、実は千春ちゃんってこと?」

小林は矛先が自分ではなく千春に向いていることに安心して話しを合わせる。

田村が入学してすぐに千春に告白したことを知っている小林は、田村をあの乱交のメンバーに呼べなかった。

そんな田村が千春に裏切られたような心境になることは理解できる。

「そうそう、千春ちゃんが淫乱で、舐めてくれとかチンコ入れてくれと言ってたんじゃないのかなぁ?」

「千夏さんはいるよっ、千夏さんは存在するよっ」

耐えきれなくなった千春が割って入った。

「え、なに?、、、、千春ちゃんって千夏さんのこと知ってんだ?」

田村と小林が千春に向き直すと、机に肘を置き覗き込むように千春を見た。

「えっ、、、、し、知ってるっていうか、、、、、」

ふたりの視線から逃げるように俯いて足元の床をあちこち見渡す。

「千春ちゃんが知ってんなら存在するのかなぁ、まさか風紀委員の千春ちゃんが淫乱で中出しを」

「知ってるっ、、、、千夏さん知ってる、、、あれは、、えーと、、あ、そう、、若林くんに私たち顔が似てるからって紹介してもらって」

田村の口から次々に出てくるであろう羞恥な言葉の数々を純粋な千春が聞く訳にもいかず、千春は田村を言葉を遮って認めるしかなかった。

その反応を待っていた田村が千春の傍に寄ってきて携帯を見せながら詰め寄る。

「へぇ、そうなんだ、じゃあ連絡は取れるよね?このアプリで連絡とれるようにしてほしいんだけど。」

「う、うんっ、連絡先も知ってるよ、、、、で、でもどうだろ、、、私のこと覚えてるかなぁ?」

田村は神妙な面持ちで本題を語り始めた。

「実はさぁ、、、千夏さんって人が髭グマのSNDMってすげぇ高いトレーニング用の器具を壊しちゃってさぁ」

「えっ、どういうこと」

「俺がいまケガして部活を休んでるの知ってるよね?それって股関節が原因で、その治療にSNDMってマシンが必要なんだけど、いま壊れて動かないんだよね」

千春の脳裏に蘇るのは、あの装置が数千万円するということと修理費に数百万円も必要だということ。

そして、その装置によってたくさんの快感を与えられたこと。

「ちょっとこのあと一緒に髭グマのクリニックに行くように千夏さんに伝えてくれない?」

「う、うん、、、わっかった、、、連絡してみるね、、、」

「連絡してみるじゃなくてさ、本当大変なことになってるから、今日の何時でもいいから時間とってくれって伝えてくれよ、こっちは次の大会までの準備で一刻を争ってんだから」

同じスポーツマンとして競技できない苦しみを知っている千春は、田村の切実な願いが辛いほどわかった。

純粋な千春はそれが全て演技であり、これから自分が陥れられる罠であることには気付きもしなかった。

「わ、わかりました、、、すぐ伝えます、、、す、すぐ今日来てもらうように伝えますっ」

目の前で連絡をとらされた千春は携帯の画面を隠して千夏に連絡を取れたフリをした。


(どうしよう、どうしよう、どうしよう、、、、、わたしのせいでまた迷惑をかけてしまったの?)

千夏に扮するために一度帰宅した千春は、慌ただしく支度をしていた。

私服に着替え薄い色のついたリップを塗って束ねた髪を降ろすと、急いで髭グマのクリニックに向かった。

クリニックの入口に到着すると田村が待っている。

「千夏さん、ご無沙汰、、、俺のこと覚えてる?」

「田村くん、、、、、、ごめんね、、、私のせいで迷惑かけたみたいで、、、、」

「あー千春ちゃんから聞いた?、、、、、、俺も詳しい説明できないから中で髭グマと一緒に説明を聞いてもらっていい?」

田村を先頭にクリニックに入るふたりは髭グマの待つ診察室に向かった。

「先生、例の装置のことだけど」

「あー、伊崎さん、、、、じゃなくて、千夏さんね、、、、、、、、いまバタバタしてるから手短に済ませますね、、、ではそこ座ってください」

千夏の正体をしっている髭グマに緊張した様子の千春は、軽く会釈だけして椅子に座った。

「いやー千夏さん、、ちょっと大変な事態でね、、、、、」

千春に向かって軽くウインクをしながら話し始める髭グマ。

千夏として話を合わせてくれることに気付いた千春は少し落ち着いた。

「千夏さんが以前使ったSNDMっていう股関節改善プログラム用の装置があったでしょ?あの装置に内蔵されている高度なAIが千夏さんの稀に見る淫乱なデータで学習したせいで誤作動を起こしてしまってね」

髭グマのいう『SNDM』という装置は、髭グマが千春を陥れる為に作った偽物の装置だ。

千春がとんでもない羞恥な体験することになったは、この大掛かりな装置のせいであった。

「えっ?、、、うちは修理費とか、、、、む、無理です」

母子家庭の千春は、毎日自分の為に働いてくれている母親の顔が目に浮かんだ。

「お金で解決するならうちの親に何百万円でも出して貰いますよ、先生っ」

「いや、修理費はメンテナンス契約の範囲に含まれるので問題ないんだが、問題は誤作動の原因を特定するために必要な異常データのサンプルなんだ」

何百万というキーワードに大金を請求されると怯えた千春だったが、そうではないと理解し胸を撫でおろした。

「その異常データのサンプルがないとアメリカのメーカーが修理できないと言っててね、異常データのサンプリングは当事者の千夏さんしか出来ないのでお願いしたいんだが」

「異常データ?、、、、サン、、プリン、、、、?」

聞きなれない言葉に理解できない千春。

「いろいろ調べたら、千夏さんは10万人に1人と言われる淫乱体質のようで、治療器具の刺激でスコアが上がったり、恥ずかしくてスコアが上がるような女性のサンプルはとても珍しいので君にしかできないんだよ」

「そんな、、い、、、い、、淫乱って、、、、」

小さく消え入りそうな声で訴えるが、二人には届かない。

「一応、そのデータ収集用のソフトとハードはもう発注して作ってもらってます」

「先生ありがとうございます、その費用はうちの親に出してもらいますので、、、、、頼むよ千夏さん、、、、俺、本気でオリンピックを目指したいんだよ」

鬼気迫る演技の田村に千春は圧倒される。

「ご、ごめんなさい、、、、、、先生、、、わ、私、どうすれば」

悪い予感がしていた千春ではあるが、既に費用負担をさせている事実を突きつけられ、さらに数百万円の修理費を負担させられることに比べれば全て受け入れなければならないと覚悟せざるを得ない。

既に千春への洗脳は始まっていたのだ。

「修復に必要な異常データのサンプルをこの測定器を装着して測定する必要があります」

髭グマは紙袋から新しい測定を取り出し、千春の手のひらに乗せた。

「これを左手首に装着してみてください」

「あ、は、はい」

明らかに最新技術が詰まっていそうな未来的なそのフォルムは、スマートリストバンドと言われるものだ。

「これを装着して、千夏さんが異常データを検出したときと同じ状態になってもられば良いわけです」

「そ、、、、、そ、それって、、、、」

詳しい内容は理解できないが、ただごとではないという状況とあの忌々しいこのクリニックで体験した『寸止め地獄』という恐怖がもう一度訪れるであろうことは予想できた。

「うちのクリニックではあんな状況を再現することは時間的にちょっと難しいので、田村くんと相談してふたりで測定してきてほしいのだが、、、、、、、この前の集中治療もひとりで乗り越えた千夏さんなら大丈夫だよね?」

千春のことを性のおもちゃにしようと企んでいた髭グマだったが、千春の思わぬ行動と小林の邪魔により阻止された髭グマは、言葉に嫌みを込めざるを得なかった。

「わかりました、やります、、、、千夏さん一緒に頑張ろう」

田村が勝手に了承して千春に承諾を迫る。

「えっ、、あ、うん、、、、で、でも、、、、どうすれば、、、」

「この測定器はスマホと連動させて使います、以前モニターに0から100のスコアが表示されていたのは覚えてますね?」

「は、、、、はい、、、、覚えてます」

千春はそれを思い出すと同時に、そのスコアに自分の快感を振り回されたことも同時に思い出した。

「そのモニターの代わりがそのスマートリストバンドの液晶に表示され、スマホにも連動されます、そのアプリは田村くんの携帯に連動させますので、あとで設定方法をお伝えしますね」

「はい、わかりました」

「測定方法は陰部や胸など淫乱な女性が気持ちいとされる部位を刺激したときの体内信号を測定器が感知するとスコアが上がります、、、、、稀に裸を見られたりすることで恥ずかしくてスコアが上がる淫乱なケースが10万人に1人くらい存在するそうです」

メモをとりながら説明を受ける田村の真剣な眼差しに、卑猥なことばかり気になる自分が恥ずかしくなる千春だった。

「測定時の注意点は前回と同じです、スコアが100になれば終了、0になったらエラー終了となり、万が一、エラー終了になった場合にはシステムをアメリカのメーカーでリセットしてもらってから翌日改めて測定を開始する必要があります、、、もちろん、有料メンテナンスになってしまいますので気を付けてください」

「は、はい、き、気を付けます、、、、、スコア100で終了、、、0になったらエラー終了、、」

「この測定器は前回と違って頑丈にできているので締め付けても問題ありませんが、オーガズムのデータは解析時にノイズになるので避けてください、、、、、万が一イクときは計測器をスタンバイモードにするか測定器を外してからイッてください」

千春の表情が一気に曇った。

予想はしていたがやはりそういうことなのかと肩を落とす。

と同時に髭グマのクリニックでイクことを我慢できず、男たちに羞恥なお願いをしてしまったことが脳裏に蘇った。

「普通の女の子は好きでもない男子に胸や陰部を触られたり、大勢の男子の前で裸になった状態で気持ちよくならないからイッたりしないとは思いますので、スコアだけ100になれば別に無理に気持ち良くならなくても大丈夫ですよ」

「それなら千夏さんが気持ち良くならなければ、スコアが上がってすぐ終わりそうですね、、、、よっかったー、ねぇ千夏さん」

「えっ、、、あ、、、うん、、、そうね、、、」

(そ、そうよ、、、、私が気持ちいいのを我慢すれば、、、、すぐ終わらせられる、、、はずよ、、、、)

千春は男たちの誘導に乗せられ、希望の光をその一点に見出した。

千春56 罠に堕ちてしまった淫乱少女
「ただねぇ、千夏さんの場合は測定に当たって少し問題があってね、、、、、千夏さん、わかりますか?」「えっ、、、なんですか?」少し心当たりがある千春だが自分からは口に出せない。「オーガズムを迎える際に膣内に力が入ってしま...
error: