和美06 – 堕ちていく無限絶頂地獄

和美は、この道を選んでしまった。

「わかったよ、和美ちゃんの望みを叶えてあげるね」

そういうと、2番手の部員が仰向けの和美の腰を持ち上げ、四つん這いの状態で挿入してきた。

(あぁぁぁ、来た、なんか、さっきの人より、大きい、、あぁぁぁ)

そう、いつも一緒に風呂に入る仲間のそれを良く知る部員達は、暗黙のうちに最後になるに連れ、それが大きくなるように順番を決めていたのだ、まるでそれが自然の摂理かのように。

最初は、ゆっくりと和美の中を味合うように、陰茎を膣の中に埋めていく。

中を押し広げられるような感覚に、口をパクパクさせて力を抜き、受け入れられるように体制を整える。

周りの部員達も、先ほどのように優しく指先を全身に這わせていく。

四つん這いの状態で、背中やお腹や胸やお尻を、擽られるように愛撫される。

(やぁぁぁ、なになに?、、全身のゾクゾクが、あぁぁぁ、やだ、この格好でされるの、凄い、、やぁぁぁ)

なぜか四つん這いの姿勢でのこの責めは、和美の羞恥心を煽り、全身の感覚を研ぎ澄ませ、快感が次々と襲いかかる。

「や、もう、、、もう、イクかも、、、や、、あん、、や」

和美の反応を見て、後ろの部員が腰の動きを急にに早めた。

最初の部員と同じように、高速時の腰のキレは抜群だった。

程なく、和美は簡単に絶頂を迎えた。

しかし、2番手の部員は、そこからピストンの速さに緩急を付けて、不規則に和美を追い込んでいる。

一度、絶頂に達したはずの身体が、すぐに次の波が訪れ、その波も部員の緩急よって完全に操られた。

イキそうになると緩められたり、次も寸前で緩めと思わせて激しいく続けたり。

和美の動物的な感性では、そんなに激しく腰を振ったら、息切れをして途中で休むだろうと思うタイミングでも、容赦なく腰を振り続ける。

予想外の動きに完全にペースを乱され、自分では操作出来ない絶頂を何度も何度も迎えたさせられた。

「はぁ、もう、だめ、、、もう、ムリ、、、もうイケない、、、、あ、あ、あ、あ、来る、あ、イク、、、、あ、あ、また、あ、あ、だめ、あああああ」

和美は、もう身体に力が入らず、四つん這いの足が立たなくなり、うつ伏せにベッタリと寝てしまった。

それでも、部員は後ろから重なり、緩急を付けて突いてくる。

もう、声が聞こえてこないが、身体の芯では確実に絶頂を連続して迎えている。

横に向けた和美の顔は、幸せに満ちたように微笑んでいた。

この状態においては、正確には壊れかけているという表現の方が合っているかもしれない。

しかし、そんな状態でも快感は体内に確実に蓄積されている。

挿入している部員が自分の限界を感じ、もう一度、腰を持ち上げ四つん這いにして、仕上げの追い込みには入る。

それを察した和美の身体は、先ほどまで放心状態で、蓄積していた快感が一気に爆発する。

射精と同時に和美の意識が壊れた。

「あ”ああああああああああ」

悲鳴にも聞こえる低い声で、和美は、大きく長い絶頂を迎えた。

もう身体に力などは入らない。

しかし、3番手がすぐに挿入してくる。

そう、さらに太くなったそれを。

3番手は、力の入らない和美を仰向けのにして、足を大きく開き挿入した。

そこから、和美の腰の下に手を潜り込ませ、自分の足の上に和美の足を乗せるようにして突いていく。

この姿勢は、クタクタになった子宮に届くことになる。

完成にイキ癖がついた身体と子宮が簡単に絶頂を迎えているが、もう和美の反応は無くなった。

「もう、、、だめ、、、許して、、、」

時折、防衛反応とも取れる無意識の声が漏れる。

しかし、その言葉は、最初に和美自身が無いものにしてしまっていた。

すると突然、和美の目から涙が流れ出す。

多分、本人もなぜ泣いているかわかっていない。

泥酔した状態で、意味もなく泣き出すそれに似ている。

それでも、次々に押し寄せる絶頂の波に、どんどんと涙が溢れてくる。

涙を見た挿入している部員は、反射的に可哀想になり、自分を追い込み射精の体制に入った。

勢いを増してさらに膨張していくそれを感じた和美は、本能で意識を回復させ最後の絶頂を射精に合わせて迎え入れた。

「あ”ああ、、、ん、、、、、うぅんぐ、、、、、、ん、、、ん、、」

和美の身体が動かないことから、周りで見ている部員達には、大きな絶頂を迎えたことが分からなかったが、確実に巨大な波を密かに受け入れていた。

射精したそれが抜かれた時、和美の体がブルッと震えた。

和美を取り囲む部員達は、和美のイキっぷりが愛おしくなり、頭を撫でたり、腰をポンポンと叩いたりして落ち着かせようとしたのだが、和美の反応に異変が起きた。

「う、、、、ん、、、、、、はぁん、、、、、、ん、、、」

身体のどこを触っても、ビクンビクンと明らかに絶頂のそれと同じ反応をするのだ。

不思議に思った部員が、試しに乳首を触ってみた。

すると、ガクンガクンと身体を揺らし、明らかに絶頂に達したのだ。

もう全身が性感帯のように研ぎ澄まされた状態となっていた。

完全に意識の無い和美の陰部に、最後の刺客のソレが迫ってくる。

また一回り大きなそれが。

それが膣口に当てられた時点で、ブルブルと身体を震わせて達した。

部員達は少し心配になりながらも、これが和美の望みであると勝手な解釈で続けることにした。

それから、ゆっくりとピストンするも、そのたびに絶頂を迎え全身は震え続ける。

部員達には、既に和美の反応が分からないが、確実に快感は脳内にいろんな物質を発生させ、覚醒させていく。

和美の体は本当に力が入らず、膣内もとろけるチーズのようにぐったりといていた。

もう反応がないまま、何度も何度も静かな絶頂を迎えて、4番手の射精を受け入れた。

反応はなかったが、和美の記憶に射精の快感が確実に刷り込まれた。

若い部員達が、1回の射精で終わるはずはなく、当然のように二回戦が始まった。

和美は、2週目だということすら理解しないまま、時に泣き出し、時に微笑むような笑顔になり、眠るように動かなくなりを繰り返して、時々溜まったものを爆発させるかのように大きな喘ぎ声とともに絶頂に達する。

和美は、何度も何度も絶頂も迎えながらたくさんの射精を受け入れていた。

全てを出し切った部員達は、和美を仰向けに眠らせると、優しく身体のあちこちを撫でてあげる。

そのたびに、ブルブルと震えたり、時折、ビクッと跳ねたりする身体を眺めている。

和美は、頭の中が真っ白になるとか、失神すとかいう次元を超えた、無限絶頂状態にいた。

世間では、これをいろいろな言葉で表すだろうが、若い彼らには関係なく、初めての経験に全く現実感のない5人だった。

幸せにそうな顔の和美の身体を、いつまでも愛おしく撫でる4人だった。

絶頂少女!和美(完)