景子06 もうイカせてください

(もう、イキたい、、、、)

心の中の叫びを聞いた瞬間、身体に電流のような快感が走る。

景子の目がまたギュッと閉じると、さっきまで焦らすような動きだったローターが陰核を強く押し付けたまま動かなくなった。

「やぁぁぁぁぁぁ、、それ、だめぇぇ」

景子が叫んだ瞬間、またローターが離される。

「やぁぁ、、なんで、、、?」

ローターを求めるかのように、腰が小刻みに震えている。

「はぁ、はぁ、、、ねぇ、、あの、、、やぁぁぁぁぁぁ」

景子が話しかけようとすると、また責めが再開された。

(え、なんで、、、あ、イクって言わないから?、、、え、、そうなの?)

景子の思考が『なぜ、続けてくれないの?』という方向に動き出す。

コツを掴んだ男子の責めは簡単に絶頂の際まで追い詰める。

「あぁぁん、、、ねぇ、、そのまま、、、、ねぇ」

男子は景子の限界を冷静に見極めて、また停止する。

「もう、、、続けてよっ」

焦らしによるイライラがピークになった景子は声を荒げてしまう。

「なになに?、、何を続けろって?」

これまでの沈黙を破って男子が冷静に追い込む。

「ち、違う、、、なんでもない、、まだ?、まだ2分経たないの?、、やぁぁ、、だめ、、あっ、、、ん、、やっ」

時間なんてもう関係なくなっている男子はまた責めを再開する。

(やぁぁ、、いつまで続くの、、、もうだめかも、、、イキたい、、イキたいよー、、、、あ、来る、、、あ)

また寸前でローターを止めた男子が景子の体を持ち上げて旧公民館の玄関の柱に寄り添って立たせた。

そして、二人掛かりで体操着の上着の裾を持ち上げてブラジャーを露出させる。

「きゃっ、、なにするの、、、うぐぅ」

しゃべりかけた景子の口に上着の裾を咥えさせるとブラジャーも上にズリ上げて胸を完全に露出させた。

「うぅー!、、」

言葉にならない景子の手にローターを握らせると、その手を陰部に沿わせ逆の手を胸に触らせた。

「暗くて、全然、見えてないから、イキたければ、自分で勝手にイケばいいじゃん」

またも救いの言葉『暗くて見えない』を頂いた景子は、ローターの刺激を受け入れてしまった。

上着の裾を咥えずっと触りたかった胸をギュッと揉みしだき腰を突き出すように陰核にローターを当てる。

膝で止まるブルマと胸の上までめくり上がる体操服が妙にエロく、男子たちは言葉を失い股間を硬くする。

(あぁぁぁぁ、、もう限界、、、あぁ、これで、イケる、、、イクね、、、見ないでね、、景子がイクとこ、、見ないでね、、やぁぁぁぁぁぁ、、ん、、、え?)

とうとうやってくると思った絶頂が、またローターの停止によって遮られた。

(やぁぁ、なんでぇ、、、もう、やだぁぁ)

喋れない景子はローターを操作する男子を睨み付ける。

そして、また振動が再開した。

すると今度は、景子のカバンから景子の携帯を取り出すと景子の手に握らせる。

男のたちの意味不明の行動に困惑するが絶頂のギリギリまで追い詰められた景子はそれを考える余裕するなかった。

「やぁぁ、なに、、、あぁぁん、、、もう、、止めないで、、、え、なに?、、、あ、だめ、、止めないで、やぁ」

堪らず咥えた体操服を吐き出し哀願していまう。

男子たちは目で合図して最後の仕上げに取り掛かる。

ローターを操作する男子は振動を強弱させたり、止めたりを繰り返し景子を絶頂の淵で踊らせる。

そして、景子の携帯を握らせた手を操作して、写真に切り替えると下からのアングルで自撮りさせたのだ。

絶頂寸前の景子の頭が回らず、何をされているかわかっていないがギリギリのところで自分の携帯だからと安心していた。

「ねぇ、、もう、、ギブ、、気持ちいいの、、このローター気持ちいいの、、、、もういいでしょ、、、、もう終わり、帰らせて!」

とうとう感じていることを白状してしまった。

体操着を直し胸を隠すとその場から逃げようとする景子、しかし男の子たちがそれを阻止する。

「なんだよ、ずっと嘘をついてたのかよ!、、、こんなローターで感じるなんて最低だなっ!お詫びにこのまま俺らの前でイクまで見せてみろよっ!」

男の子たち4人で逃げ場を無くすように取り囲んだサークルを狭め、やっとの思いで隠した胸もすぐの露出される。

それでこの羞恥地獄のこの場所からも押し寄せる快感から逃げることができない。

「ご、ごめんなさい、、、、ごめんなさいーっ!、、、、、ねぇ、、イクから、、、、、気持ちいいのぉ、、、、、謝るから、、、、ねぇ、、、これ、だめぇ、、、、、、イッちゃうから、、、、、ねぇ、、、このままイカせてよー、、、、、、、」

全てを認め羞恥な告白をしてしまった景子に、また体操服の裾を咥えさせられた。

そして景子の目の前で景子の携帯を操作すると、ここにいる男子全員でグループチャットを作りさっき撮った全裸のオナニー自撮りの写真を選択する。

「イキたくなったらお詫びに、その送信ボタンを押しなよ、そしたらイカせてあげるから、別に俺らは強要しないぜ」

そう言われて見せられた携帯には、やらしく露出された胸と、ローターが押し当てられた陰部、それにうっとりとやらしい表情をしている自分の顔がクッキリと写っている。

(やぁぁぁぁぁぁ、、そ、そんなぁ、、、こんなの送ったら、、、きっと、何度も脅されて、同じようこと、、、きっと、最後まで、、、やぁぁん、、、あ、だめ)

景子は絶頂の淵が同時に絶望の淵になってしまった。

男子たちは景子の反応を的確に判断して、ギリギリのところで振動を停止させた。

景子はローターを陰核に擦り付けるがそんな刺激ではイケなかった。

そして、しばらくしてまたローターの責めが再開される。

もう景子は視線は携帯の送信ボタン一点を見つめている。

(はぁぁ、、もう、ダメだ、、、もう考えられない、、、あ、イク、、、もう、、もう、、止めないで、、)

景子の指は送信ボタンを押して携帯を投げ捨てた。

「送信したから、、、あぁぁぁぁぁぁ、、止めないでて、、、あ、来る、、、あ、イクぅ、、ん、、あっ、、やぁぁぁぁ、、あぁぐぅ、、、ん、ん、、」

景子はローターを陰核に当てたまま、その場でしゃがみ込む。

膝が大きく開かれ、腰は突き出してクネクネと揺れる。

男子たちの携帯が次々に受信音を鳴らす。

その音を聞きながら景子の身体が今日一番の激しさでビクビクと痙攣した。

景子の目は硬く閉じ、待ちに待った絶頂を全身と全脳で受け止めた。

役目を果たしたローターがコロリと地面に転がり砂と戯れながら震える。

景子は胸も陰部も隠すことなく、幸せそうな顔でうずくまる。

最高のオモチャを手に入れた男子たちは、受信した写真を見ながら顔を見合わせてニヤニヤしていた。

露出自慰!景子(完)

千春01 未経験少女に忍びよる罠
淫乱調教!千春 PART1引き戸の扉の向こう側から、母親の寝息が聞こえる。目覚まし時計が鳴る5分前だというのに、千春は布団の中で目を覚ましていた。母ひとり娘ひとり。生保レディをしている母親からたくさんの愛情を受けて育...
美希01 体育会系純粋美少女
陰核開発!美希 PART1川西美希は陸上部に所属する高校1年生。腰の調子が悪くなった美希は、キャプテンの荒井に連れられてクリニックに来ていた。「先生、こんんちはー!川西さんが腰の調子が悪って言うから、連れて来ました!」 ...
典子01 食べごろ女子大生の事情
絶頂共鳴!典子 PART1都内の大学のサークルで知り合った真弓と典子は、広めのワンルームマンションに2人で住んでいる。「ごめーん、ノリ、お風呂で生理始まっちゃったから、お湯を入れ直してるね、、、、典子はまだ来ない?」...
玲子01 看板娘の羞恥な露出計画
露出願望!玲子 PART1玲子が住み込みでバイトする海の家は、一般客も格安で宿泊が出来る。宿泊の受付や部屋の掃除、そして併設された食堂の配膳も、玲子が1人で切り盛りする。老夫婦が経営するこの海の家は、女将さんが腰を悪くした今...
万理01 キュートな学者の万理先生
子宮寄生!万理ホテルの一室で万理は先輩教授の岡田に抱かれていた。生物学者の万理は研究所の飲み会の時に介抱してくれた妻子持ちの岡田となんとなくそうゆう関係になってしまったのだ。5年間彼氏のいない万理はダラダラとその関係を続けていた。 ...
菜緒01 美脚グラビアモデル菜緒
遠隔調教!菜緒「菜緒ちゃん、最近、ノッてきてるねぇ」週刊誌のグラビア撮影の現場で、編集者がマネージャーの保坂に話しかける。「はい、まだまだ、これからなんスけど、お陰様で、なんとかメディアへの露出が増えてきました」 ...
和美01 穴から覗いてほしくて
絶頂少女!和美この夏、和美は冬場はスキー客で賑わう旅館で働いていた。叔母が経営する旅館があるこの温泉街は、夏場の集客の為にテニス場やサッカー場を作り、数年前から町おこしをしている。町の多くの旅館で、大学のサークルや体育会のサ...
美里01 蘇るマッチョフェチの性癖
不貞依存!美里「もしもし、、芳くん?、、、ごめん今日、外でご飯食べてきてくれる?、、、、律子から急にヘルプ頼まれちゃって、、、律子よ、鍼灸師学校の同期だった、、、、、、結婚式にも来てくれたでしょ、、、そう、、、去年、オープンしたマッサージ店に行った...
景子01 クリトリスをローターで
露出自慰!景子「そ、そんな訳ないじゃないっ!バカじゃないの、なに言ってんの、バカなの?」学校からの帰り道、4人のクラスメイトの男子達から相談を受けていた景子が、相談の内容に突然怒り出した。「でもさぁ、こいつの彼女、、...
恵梨01 いい女になる宣言の恵梨
睡眠少女!恵梨狂い咲きの桜が既に散り始めた校庭で、卒業証書の筒を持った卒業生が記念撮影をしている。高校2年生の恵梨は、演劇部の部室で泣きじゃくっていた。「ふぇん、、、ぐすんっ、、、もう最低、、、」恵梨の所属す...
早苗01 幼馴染のお兄ちゃんを挑発
高校生の早苗は、4つ年上の幼馴染のお兄ちゃんの事がずっと好きだった。チャラチャラした容姿に似合わず奥手な幼馴染の潤に持って行きようがない感情が暴走する。「あ、またこの真奈美って人、絡んできてる」潤のSNSを見るのが癖になって...
恭子01 大学生とお医者さんごっこ
淫乱若妻!恭子(前編)「恭子先生、僕の病気を治してください」全裸で絨毯に横になる患者役の彰くんが、先生役の私に可愛い笑顔で見つめながら質問してきます。「大丈夫よ、先生が治してあげるわ」私は、おもむろに...
優子01 全裸マネージャーのお仕事
8月8日 優子の露出日記地方の高校で弱小野球部のマネージャーをしてます。弱小なのでマネージャーはひとりしかいません。本当はマネージャーいらないくらいです。2年生になっても後輩部員から天然とかドジっ子キャラってからかわ...
七菜01 イヤと言えないコスプレイヤー
7月7日 七菜の露出日記こんちには、七菜(なな)です。私は昔から押しに弱くて。高校生になったからその癖を治したいなと思っていたのに、それが原因でとんでもないことになってしまいました。今日はそんなお話し。普段からおとな...
里美01 クラスの男子たちに全裸を晒す
7月17日 里美の露出日記今日は忘れられない1日でした。かねてから計画していたあの恥ずかしい露出行為を実行してしまったのです。私は中学3年生の女子です。田舎の小さな漁師町のクラスが2つしかない小さな学校の水泳部に所属...
敦子01 雨で透けたブラを小学生に
6月4日 敦子の露出日記梅雨は嫌いでした。この日を迎えるまでは。その日は、親と喧嘩していたのでなんとなくいつもとは違うルートで遠回りして学校から帰宅してました。そこにスコールのような雨。バラバラと凄い...
智子01 トイレを覗く視線に感じて
6月10日 智子の露出日記私が通う塾には女子が少なく4人しかいません。男子は23人います。そのうち私のマンコを見た男子は、少なくとも6人はいます。塾は古い雑居ビルの中にあってトイレは全て和式です。一応、男女の...
error: