恭子01 – 大学生とお医者さんごっこ

「恭子先生、僕の病気を治してください」

全裸で絨毯に横になる患者役の彰くんが、先生役の私に可愛い笑顔で見つめながら質問してきます。

「大丈夫よ、先生が治してあげるわ」

私は、おもむろに彼の温かいアレを手に握り皮を優しく捲くると、ゆっくりと上下させました。

「アキちゃんママ、、、あ、茉莉奈さん、この病気はお薬が必要だから、ショーツを脱いで彰くんに与えてあげて」

最初に冗談でお医者ごっこをやろうと言いだした茉莉奈さんも、突然の展開に呆然としているようでした。

「看護婦さん、早くお薬をください!僕、死んじゃうかも」

「ほら、看護婦の茉莉奈さん、早く、早くお薬をあげて」

私は、恥ずかしがる彼女のスカートとショーツを脱がすと、彰くんの顔の上にまたがせてあげました。

「はぁぁぁん、やだ、、彰くん、、や、、、ん、、あん、、じょうずよ」

「看護婦さん、なんかトロっとしたのが、出てきたよ、これがお薬ですね、、、ここの突起を舌で突くと、、ほら、いっぱい出てくるよ」

彰くんが、音を立てて彼女の陰部を舐めると、彼女の声が部屋に響きました。

私は、ピクピクし始めた彰くんのソレを口に含むと、舌と唇で形を確かめるように愛撫しました。

ギンギンに硬くなるソコを舐めていると、私は我慢できなくなりショーツを脱ぎ彼女と交代しちゃったの。

彼は、まだ開いていない私のアソコ全体を舐めてると、次第に蜜が舌に絡むのがわかりました。

「はぁぁぁ、、、ん、、ん、、ねぇ、、お薬、、出てきた?」

うん、とだけ彼は答えて無心に私のアソコを舐めています。彼は、むき出しになってきた私の突起を口に含むと、口の中で舌が高速に回転してきました。

「やぁぁぁ、ダメぇぇぇ、、あ、、あぁん、、イッちゃうから、、、や、、やだ、イッちゃうよ、、あ、や、ん、ん、、、ん」

「恭子先生、、、ここにもお薬を塗った方がいいですよね」

軽く絶頂を迎えてビクビクしている私を見て、スイッチが入ってしまった彼女が、甘い声でそう尋ねましたが、答えを聞かないうちに彼にまたがりました。

「はぁぁぁ、、これ、、久しぶり、、、あん、、や、、彰くん、硬いよ、、や、だめ、、これだめ、、奥にクル、、や、、だめ、だめだめだめ」

だめだめと言いながら、彼女は味合うようにゆっくりと腰を前後させていました。

「茉莉奈さん、、私のお薬も溢れ出てきたから、、交代しよ」

彼女の言葉で奥の方が疼いてきて私も、彼女と交代して彼の上にまたがり、腰を上下させて甘いお薬を彼のソレ全体に塗り込んじゃいました。

「ん、、はぁぁ、ホントだぁ、、彰くんの、、硬い、、これは、重病だわ、、、ん、、ん、、たっぷり、お薬を、、塗らないと、、ん、、はぁ、、」

生で挿入されたソレは、溝の部分が私の中の弱いところを刺激するの。

「や、ん、ん、、、はぁん、あん、茉莉奈さん、、ちょっと、お先に失礼するわね、、、あぁぁぁ、、や、、イク、、や、、はぁぁ、だめ、、ん、ん、、、ん」

私も、最近オナニーでしか迎えていなかった絶頂を、生のペニスで迎えてしまったの。

「先生ズルい、次、私も、、」

夢中でまたがる彼女を横目に、私はこれ以上の快感を迎えることが、何となくマズイと思い、彼にキスしたり、彼の乳首を舐めたりしてみました。彼に早く果ててもらわないと、戻れなくなっちゃう気がしたから。

「彰くん、、お薬効いてますかぁ?、、身体の中に溜めてる、悪いものを全部出しちゃいましょうねぇ」

彼の乳首を舐めながら、自分でも恥ずかしくなるくらいのやらしい顔で、彼を見上げると、彼はこっそり私の陰部に指を伸ばしてきました。

「恭子先生、、お薬が効いてます、、もう、、なんか、悪いものが出そうです、、うぅ、、やばいかも、、」

下から腰を打ち付けて彼女を何度もイカせた彼が、苦しそうな顔で私を見つめながら限界を告げてきました。

「やだ、彰くん、、私、今日は危ない日だから、中は、ダメよ、、」

彼女は、名残惜しそうな顔で悶えていました。その言葉に私の脳裏で何かが切れる音がしたの。

「先生は、今日、、、、だ、だいじょうぶな日だから、、最後は、私が治療するわね」

何かに取り憑かれたように彼女を押しのけ、彼にまたがると、彼が動きやすいように少し腰を浮かせて身体に抱きつきます。

すると彼は、私の身体を一度起こして、私の膝を立て、両腕で膝ごと腰をがっちり捕まえました。

「やだ、、これ、だめ、、奥に、、奥にきちゃう、、だめよ、、そこだめ、、や、、やぁぁぁ、あぁぁぁ、や、、やん、、だめ、だめだって」

ずっと私がなるべく奥に届かないようにしていたのが、彼にバレてしまったの。身動きが取れない私は、彼の胸を押してもテコの原理で、余計に彼の先っぽが、私の小部屋の入り口をノックするの。

「う、先生、、、先生の中、、すごい、、うぅ、だめです、、イキます、、悪いものが出ちゃいます、、ん、うぉ」

彼は、身動きできない私の腰をさらに強く抱きしめて、腰を下から激しく叩きつけます。

「やぁぁぁ、だめぇぇぇ、、や、だめじゃないけど、、や、、だめ、、こんな、、やだ、、これだめ、、、これで出されたら、、やだ、、あぁぁぁ、、私も、、やぁぁぁ、イク、やだ、、イッたら、、、や、、ダメになる、、やだ、、やぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、、あ、出てる、、、やぁぁぁ、、ビュッて、、ん、ん、あ、、、、、、、、ん、、、、、、、ん」

はぁはぁと、息を整えるふたりを羨ましいそうに見つめる茉莉奈さんが、指折り何かを計算していました。

「先生、この患者さんの次の診察は、来週の金曜日とかどうでしょうか?、、、そしたら私も最後まで治療が出来ます」

「はぁ、はぁ、そ、そうね、、こんなにたくさん出るようなら、、しばらく通院が必要のようね、、、彰くん、、来週これる?」

何でも言う事をきいてくれるお隣の彰くんは、天使の笑顔で微笑みながら頷いてくれました。

(完)

和美01 - 穴から覗いてほしくて
この夏、和美は冬場はスキー客で賑わう旅館で働いていた。 叔母が経営する旅館があるこの温泉街は、夏場の集客の為にテニス場やサッカー場を作り、数年前から町おこしをしている。 町の多くの旅館で、大学のサークルや体育会のサッカー部やラグビー部が...
景子01 - クリトリスをローターで
「そ、そんな訳ないじゃないっ!バカじゃないの、なに言ってんの、バカなの?」 学校からの帰り道、4人のクラスメイトの男子達から相談を受けていた景子が、相談の内容に突然怒り出した。 「でもさぁ、こいつの彼女、、ほら、クラスの島田、、あい...
早苗01 - 幼馴染のお兄ちゃんを挑発
高校生の早苗は、4つ年上の幼馴染のお兄ちゃんの事がずっと好きだった。 チャラチャラした容姿に似合わず、奥手な幼馴染の潤に、持って行きようがない感情が暴走する。 「あ、またこの真奈美って人、絡んできてる」 潤のSNSを見るの...