菜緒05 – スーパーリアルラブドール

ピピピッ、ピピピッ

「3分経ったか?、、さっきから音が安っぽいんだよなぁ、、、えっ!?、、、、マジで、、、嘘だろ、、えっ?」

DNAスキャンの完了を示す数値が、タブレットに100%と表示され、そのタブレットの先にあるコピーラブドールが目に入った。

その姿は、少し身長が伸び、身体のラインが明らかに細くなった。

そう・・・それは、いつもモニターで見ている菜緒の裸体そのものだった。

スラッと長い手足、引き締まったウエスト、小さな胸の膨らみに頂にある小さな色素の薄い突起、スッと長い首に、小さな顔。

さらに髪の毛も菜緒と同じように、少し伸びたことにも気づいた保坂は、背筋がゾクッとした。

「マジかよー、、うわっ!、、すげー、、マジで人間みたい、、あったかいし、、、」

恐る恐るコピーラブドールの肩を触った保坂は、その感触にさらに驚いた。

「なんだよこれ、、、ここまで精巧に作るなんて、、、、いくら請求するつもりだよ?」

保坂は、ここまで非現実的なラブドールを目の前に、まだ詐欺商品だと疑っていいた。

それほど過去に騙された心のキズが、トラウマになっているのだ。

「ほんでと、、、④シミュレーションモードを開始します。か、、、、触っていい訳ね」

保坂はコピーラブドールの下半身の方へ移動した。

「、、、ってことは、、ここはどうなってんの?」

もちろん、気になるのは、どこまで精密にコピーされているかだ。

保坂は、コピーラブドールの足を広げて、陰部を開帳する。

「わっ、すげーな、、関節とかもすげーリアル、、、、うわっ!、、、マンコが、、、しかも、パイパン」

そこに現れた陰部は、風俗でしか本物を見たことがない、女性器そのものだった。

それも、先ほどまでコピーラブドールに生えていた陰毛が菜緒と同じく生えていなかった。

保坂は、訳もなく周りをキョロキョロと見渡して、陰部に両手を伸ばす。

「すげー、、、マンコ、柔らけぇー、、、本物の菜緒ちゃんも、、こんな感じなんかなぁ」

陰唇を左右に開くと、少し赤みがかった亀裂から、小さなビラビラが顔を出す。

そして、上の方には陰核が、下には膣口が少し顔を出した。

「マジかよ、、リアル過ぎだろ、、」

保坂は、大陰唇を左右の指で摘まみ大きく開こうとした。

ビーッ、ビーッ、ビーッ

突然、タブレットから警告音が鳴る。

タブレットを見ると、画面が真っ赤になり『警告』の文字が表示されている。

「え?、、、なになに?、、、、」

驚いた保坂は陰部からさっと手を離すと警告音が止まった。

慌ててタブレットの画面に表示された文字を読む。

「いきなり乱暴に扱うとコピーラブドールを破損する恐れがあります。、、、ってマジかよ、おい、、、」

保坂は、生まれて初めて風俗へ行った時に、いきなりガッツいて風俗嬢に怒られた時のことを思い出した。

「嘘でしょ、、そこまでリアルなの?」

コピーラブドールの陰部の感触に、やっと保坂は確信を持った。

「完全にマンコだよなぁ、、、、これ、、、本物だわ、、、マジやべぇー、、、」

保坂は、過去に雑誌で読んだ女性の喜ぶ愛撫の仕方を必死で思い出す。

「よし、、、まずは胸からだよな、、、、、、、いや、待てよ、、」

保坂は自分の指を見て、慌てたように引き出しを漁りだした。

爪が伸びていることに気付き、爪切りを探し出すとおもむろに爪を切り出した。

「女性は、こういうところが気になるんでしょ、、、知ってますよぉ、、」

不正解では無いが、雑誌の記事に影響を受ける保坂らしい行動だ。

綺麗にヤスリで爪を磨き、薬用ハンドソープでゴシゴシと手を洗って戻ってくる。

コピーラブドールの上半身に立つと、ゆっくりと胸に手を合わせる。

「柔らけー、、、、これ菜緒ちゃんと同じサイズなんだよな、、、、、こうして触ると、、別にそんな貧乳じゃあないよな、、、、芸能界が異常なだけなんだよな、、実際、、」

今度は両手で左右の乳房を持ち上げるように揉みしだく。

保坂は時折、タブレットの方を気にしながら優しく慎重に愛撫をしていた。

先ほどの『警告音』がよっぽどショックだったようだ。

「ちょっと舐めてみてもいいですか、、、」

今にもしゃべりそうなラブドールに、とうとうお伺いをたてるようになる保坂。

よっぽど過去に風俗嬢に怒られたことがトラウマなのだろう。

ピチャ、、チュッ、、、ジュボ

「皮膚とか肉質とか超リアルだな、、、、乳首も少しずつ固くなってきたし、、、」

また下半身に戻って陰部の正面に座った。

「さぁーて、、いよいよ、、、」

菜緒04 - オナニストの保坂くん
「おーい!、、保坂よー」 尾崎の部屋からガタッガタッと、物音がして保坂が飛び出してきた。 「は、はいっ、、、」 保坂が手に持ったティッシュを握り潰し、後ろに隠しながら近寄ってくる。 「このダッチワイフ...