典子10 – 覚醒した童貞ペットくん

真弓も、何も言葉が出ず、ただただ山田の指と舌の動きを交互に見るだけだった。

「ん、、ん、、ん、、んん、う、ん」

たっぷりと胸を愛撫をすると、真弓の鼻の奥から甘い音色が響きだした。

頃合いとみた山田が、右手を股間の方へゆっくりと這わせていく。

胸からお腹へ手のひらをぴったりと真弓の肌にくっ付けて動いていく。

典子は、緊張で硬く閉じた真弓の足を優しく持ち上げると両膝を立てて、ゆっくりと膝を開いていく。

膝が大きく開いたところに山田の手が陰部に到着した。

「山田、、、私も、、、もう濡れてるから、、、ノリの見てたら、濡れちゃったの、、」

真弓は、山田の学習能力と応用力に恐怖し、触られる前に自分から告げることで、なんとか立場を維持しようとした。

「本当だ、真弓さんすごく濡れてますね」

山田は、それだけ言うと、真弓に教えてもらった通りの愛撫を胸と陰部に施していく。

真弓はこの時、初めて自分が犯した過ちに気付いた。

まるで自分が作り出した殺戮アンドロイドに殺される映画を観ているようだった。

「ん、ふぅん、ん、ん、、、や、山田、、そこはもう大丈夫かな、次、行こうか」

真弓は、気持ちがセックスモードに切り替わりそうな直前で自分自身と戦っていた。

「真弓さんが、気持ち良くなってくれると、僕、嬉しいです」

山田のこの言葉で、真弓の防波堤は跡形もなく崩れた。

「そんな、、、あぁ、、どうしたいの、、ダメよ、、あぁぁ、そこ、、気持ちいい、、はぁぁ、う、、そう、、そうよ、、あぁぁぁぁぁ、、ダメ、、あー、もう、イっちゃうかもぉ、、はぁ、、あ、や、あん」

真弓は片手を、胸を交互に舐める山田の後頭部に当てて、髪の毛をほぐすように撫でていた。

いつもオナニーで触るところから沸き起こる快感に、犬の気持ちいいところを掻いてあげると足が勝手に動き出すあの動きで、後頭部を触る指先が山田の指の動きとリンクする。

「はぁぁん、、もうイクよ、、、山田の指、、気持ちいいよ、、、あぁん、、あ、あーダメー、、、そこ、だめ、すぐイっちゃう、、、あぁぁ、イクよ、、、あぁぁぁぁぁぁ、あん、あん、あぁぁ、あん、や、、、、、、、、」

真弓の素直で、可愛らしいイキッぷりに山田の目が変わった。

イッたばかりの陰部から指を離さず、そのまま、真弓の両足の間に移動すると、指を膣口の入り口に当てたまま陰核を口に含んだ。

「はぁぁぁん、山田、、イッたばっか、、や、、やん、、、はぁん、、、そんなしたら、、、や、、すぐ気持ちよく、、、やぁぁぁ、、だめだって、、やぁぁぁぁぁ、、だめ、、やぁぁぁ、、あう、、ん、ふぅん、、、、ん」

真弓の腹筋が波打つ、今度は本気の絶頂のようだ。

それでも山田は暴走は止まらず、陰核に音を立てて吸い尽くす。

空気が陰核をかすめる冷たい感覚がとても気持ちよく、真弓の快感は高まったところで、ふわふわとずっと維持している。

山田は、純粋な気持ちで真弓にもっと気持ちよくなってもらいたくなり、恐る恐る指を少し深いところに忍ばせる。

そこには何か小さな突起がブツブツとあり、そこに触れると膣内がギュッと締まった。

「やぁぁ、なに、、あぁぁぁ、え、、なに、、、え、奥?、、やぁぁん、、え、、あぁぁぁぁぁぁ、え、どうなってんの、、やぁぁぁぁ、、え、、またイキそう、、、、や、あぁぁぁぁぁぁ」

真弓の喘ぎ声のトーンが変わったことに気付き、山田はまた嬉しそうな顔になった。

そこは、Gスポットと言われるところだ。

ネイルが長いこともあり、今まで怖くてあまり奥に指を入れたことのない真弓には、新しい種類の快感だった。

膣だけの愛撫なら、怖くて止めていたかもしれないが、陰核と同時に責められた事で素直に新たな快感を受け入れることができた。

山田は、真弓の反応を見ながら、どう触れば真弓が気持ちよくなるか、トライアンドエラーを繰り返す。

「え?、なに、あぁぁ、やん、山田、なにしてんの、、やだ、、はぁん、ん、ん、だめ、、、イク、イク、あー、イクイクイク、やぁぁぁぁぁ」

真弓の作り出したアンドロイドは、また1つ新たな技術を習得した。

自分も裸でいることも忘れ、典子は、これが大人のセックスなんだと、口を開けて見ているだけだった。

山田は、最初の典子の命令に対して忠実に、ぐったりした真弓の身体を誘導して四つ這いの格好にされる。

「や、山田、、私は、そうゆうの大丈夫だから、、、、やだ、見ないで」

言葉では、そう言う真弓だったが、さほど強引ではない山田の誘導に素直に従い、恥ずかしいポーズを自分から完成させた。

典子の痴態をずっと見ていた真弓は、典子がこのポーズになった時に、脳へ痺れるような感覚が襲ったことに自分自身も気付いていたからだ。

山田は、教えてられた通り、最初は陰部を開いてゆっくりと鑑賞する。

真弓は、枕をギュッと握った指を口に当てて、後ろにいる山田の表情を覗き見る。

山田のその視線が自分の恥ずかしいところを見つめていることを再確認し、新たな自分を発見してしまった。

山田は、真弓の腰がモジモジと動くのに気付くと、自分が求められていると感じて指を陰部に這わせる。

真弓から深く甘い声が漏れる。

真弓から合格サインをもらった山田は、ゆっくりと指の腹を上下させて、陰核から膣口へ愛撫を繰り返し、次第に膣の中に指が進む。

典子11 - 隠し持っていた宝もの
真弓がイクとすぐに終わってしまうと学習した山田は、ゆっくり、ゆっくりと指を動かした。 そのストロークは典子と時よりも、ゆっくりと深かった。 片手はお尻の頬を掴み大きく陰部を開いたまま、もう一方の腕を陰部と垂直に立て、人差し指1本を出...