典子13 – 初めて味わう精子の味

2人は、山田を愛撫しているつもりが、どうすれば山田が気持ちよくなるか考えているうちに、山田の亀頭と自分の陰核、陰茎と膣がシンクロし始めた。

「ね、これヤバイね、真弓」

長時間パンツの中で我慢汁に蒸された山田のそれから発する匂いと共に、舌先で自分を愛撫しているような快感が2人に与えられていく。

典子が、身体を起こし山田の左足にまたがり、自分の陰核を口に含まれた時のイメージで上から亀頭を口に含んだ。

また口から声がもれた山田たが、足に座る典子の陰部から冷たい液体を感じていた。

山田は自分の性器を舐めて感じてくれているのかと思い、過去のトラウマが少し消えていくような気がしていた。

少し自信が持てるようになった山田は、典子の口の中でうごめく舌先を受け入れ、快感を得ようと気持ちを切り替えた。

「ふぇ、ふぁたほうひぃふふぁっは(え、また大きくなった)」

典子が口に入れたまま驚きを口にした。

主人のチャンネル変更を知った男性器が、さらにやる気になったのだ。

自分と2人に素直になった山田は、2人にアドバイスをするようになった。

そこが気持ちいいとか、もっと動かしてみてとか、歯が当たるのが気になるとか。

真弓と典子は、交代でそのアドバイス通り、懸命に山田の快感を高めていく。

3人の中にチームワークのような性別を超越した信頼関係が生まれ始めていた。

「あ、出そうかも、、、」

山田がそう言うので、本能的に手と口と舌の動きを早めた。

真弓が陰茎を握り上下運動をしながら、典子が頭を上下させ唇と舌で上手に亀頭を擦る。

「ほぉふぃほう、ふぁふぃふぁ(どうしよう、まいっか)」

典子は、射精のことを考えたが、気持ち良さそうな山田をみて口で受けることにした。

しかし、される方も、する方も経験が浅いので、山田の告知からしばらくしても射精の気配がない。

山田は集中しているのか、グッと目をつむっている。

典子の顎が疲れてきた時にそれは訪れた。

「あ、出る」

その瞬間、典子の口に精液が弾けた。

意外と冷静な典子は、布団に精液が付かないように口から漏らしちゃいけないと、どれだけ出るか知らない精子を慎重に受け止めていた。

「うーんんんん、んん?(もう全部出た?)」

なんとなく理解した山田が頷くのを確認すると、口から漏れないように、チュポンと亀頭を唇で摘みながら口を離す。

その姿を真弓は、ポカンと口を開けて見ていた。

後輩に先を越された心境で。

呆然としている真弓の顔をみた典子は、真弓に口付け少し精液を送り込んだ。

真弓は拒否しない自分に驚きながら、入ってきた精液の味が、さっきまで舐めていたものから出てきたのだと学習していた。

少し味わった後に、典子が徐ろにティッシュを取って自分の口から精子を出して、真弓にもティッシュを渡した。

その行動を山田は見ながら、なんとなく寂しくなったが、そりゃそうだよなと納得した。

「こんな味なんだね、、味というか匂いが独特だね」

そんな感想を言う2人の表情が、嫌そうな顔では無かったので、山田は嬉しくなった。

男の方が繊細で素直な生き物なのかもしれない。

「あ、萎んでいく、ほら、、、あ、柔らかーい、、やだぁ、、山田、、この子、可愛いぃ」

射精して満足した山田のそれが、戦いを終えたヒーローのように通常の姿に戻っていった。

それを2人でまた触りながら観察している。

されるがままの山田には、既に過去のトラウマは消え2人には何をされて良くなっていた。

「やだぁ、私、こんな濡れてるー」

典子が慌ててティッシュを取り、自分の股間を拭いた。

「ノリ、私にもちょうだい」

真弓も恥ずかしそうに股間を拭く。

2人は急に恥ずかしくなり、Tシャツだけ羽織った。

山田も慌ててパンツを履く。

Tシャツは着てもショーツを履かない2人、パンツだけの山田。

そんなホンワカした雰囲気に3人は、今日の痴態の数々を誤魔化すように意味もなく笑い出した。

3人は、なんとなく残った飲み物を手に取り

「か、かんぱーい、、、、、、え、何に?」

そしてまた笑い出す。

3人の羞恥な宴は、笑顔の内に幕を降ろした。

絶頂共鳴!典子 PART1 完

典子14 - 変な期待しちゃダメだよ
翌日のサプライズプロポーズは、感動の大成功となった。 晴れて婚約者となった2人を祝福する真弓と典子、そして山田の笑顔は、どことなくぎこちなかった。 仕掛け人として、同じテーブルに座る3人は、感動を共有したくて時々目が合うのだが、直ぐに照れて...