典子19 – 寸止めされると我慢できない

今度は、こっそり迎えようとしたが、典子が山田に背中を叩いて合図をした。

さすがに同性の目は、あざむけなかった。

「はぁん、、、え、、や、だめ、、奥だめ、、そこ、ダメなの、、や、、、イク、、イキます、、、や、、ん、、、もう、なんでぇ」

山田が以前、発見したブツブツのある真弓のGスポットを責めて、また寸止めする。

これを何度も繰り返していると、真弓が少し怒った口調で喋り出した。

「はぁぁぁん、、山田、、そのまま、続けてぇ、、ねぇ、、、イクから、、、ノリ、買い出しも、後でちゃんと行くから、、、もう負けでいいから、、辛い、これ辛いのぉ」

山田が舐めながら典子の顔を覗くと、軽く頷いてGOサインが出た。

しかし、山田は、少し責めの手を緩めた。

真弓から教わった愛撫を最初から繰り返すように、まず陰部全体を優しく舐めながら次第に陰核をめくるように優しく舐める。

既に真弓の快感に共鳴し始めていた典子は、自分が焦らされているような感覚で見つめている。

「はぁぁ、山田、、ねぇ、山田、、や、あ、あ、あ、、、、はぁ、、、あぁぁぁ、そう、それ、、、うぅん、、イクよ、イクから、、、あぁぁぁ」

山田は、時々、陰核を舌で強く早く弾いたり、Gスポットを責める指の動きを早めたり、緩急を付けて徐々に真弓の快感を高めていく。

真弓はこのままイカせてくれそうな、優しい愛撫に身体をまかせた。

寸止めと優しい焦らしは、される方の印象が似て非なるものだった。

真弓の両手は、どこかしがみ付くとこを探してシーツや枕の端をあちこちと掴んでいる。

真弓の快感は優しさに満たされ、雪だるまのように焦らされば焦らされるほど大きな塊となって、真弓の頭上でその時を待ちわびていた。

「や、こ、これ、ヤバイかもぉ、、、、、ふぅん、、はぁ、、やだ、、や、山田、ばか、、、、イッていいの?、、ねぇ、いいの?、イクよ、、やぁぁぁ、、イクよ、イッていいのね、、、、あ、い、、はぁぁぁぁ、、あ、や、あん」

寸前まで山田を顔を覗き込んでいた視線は天井を見上げてから瞳を固く閉じた。

眉間にしわを寄せ唇を強く結ぶと、全身が大きく跳ねるように揺れた。

痙攣にも似た最初の大きな揺れは、小さな揺れに変化していきながら間隔を狭めてゆく。

山田に何度も『イッていいの?』と聞いたのは、何度も寸止めされたからではなかった。

人生始めての甘いエクスタシーに心を持っていかれそうな真弓は、本当は山田のことを好きになっていいのか確認しそうになっていた。

「はぁ、、、、、、はぁ、、、、、、、、、ねぇ、ノリぃぃ、、、、、、、、ふぅぅ、、、あざーっす、、、、、、はぁ、、はぁ、、、、、、、いいの頂きましたよ、、、、、、、さてさて、、後で罰ゲームは、ちゃんとやるから、、、、、、、続けましょうか」

務めて平然とした口調で話しながら息を整える真弓。

真弓は自分で理解していた、ここでまったりとした時間を費やすと取り返しのつかないことになることに。

そう、その取り返しのつかないこととは、この言葉では表せられない3人の関係を壊してしまうということだ。

甘美な絶頂に身体を震わせながらも、強引に身体にムチを打って平静を装うのだった。

まだ絶頂の余韻が収まらない真弓は、割り箸を集めながらベッドの脇に座った。

シーツに皮膚が擦れるだけで、全身が性感帯のように脳を痺れさせる。

真弓が割り箸を差し出すと、割りばしを強く睨みつける。

割り箸を配る真弓の念力に負け、次は典子が赤を引いた。

「はい、典子さん、ここがあなたの墓場になるかもね、、、赤を裸にしながら、全身を愛撫して、10分以内に20回以上イカせることね、もちろん、赤が20回イケなかったら罰ゲームありよ」

「えっ、、、、嘘でしょ、、、、、ちょっ、、、、真弓、、、、、」

真弓は長期戦は不利だと思い、ここで相手を封じ込める作戦にでた。

典子は待ちに待っていた自分の順番だとはいえ、あまりにもハードな内容に何も言えず想像するだけで身を震わせた。

「山田、何してもいいからね、、おもちゃ使ってもいいし」

真弓の『何してもいい』には、幾つもの意味があった。

もちろん、本番までありだという意味だが、さっきの甘美な絶頂を受けた時に、山田のそれを受け入れたいと思ってしまった真弓は、その感情を消したくて、せめて山田の童貞を典子に奪わせたかった。

それでも、はっきり言えなかったのは、心の中のもう1人の真弓が山田の始めての人になりたいと言っていたからだ。

真弓は心を鬼にして、山田を典子の隣に座らせる。

「はい、スタート」

山田は、20回もイカせる自信が無くて、そっちに気が取られ早々に典子のワンピースに手をかける。

小さく震える典子も、観念して腰をあげると続けて両手を上げ、そして自分でブラを外す。

胸を舐めようとする山田に、典子が顎を上げたので、山田は唇を合わせながら胸を触りだした。

真弓は見ていられなくて、そのうち使うであろうオモチャを選び出した。

山田は、時間と真弓からの気配が気になり、なんとなく口を耳に移動させた。

典子から甘い声が漏れる。

焦る山田は、マニアルには無かったが典子の胸への刺激を早々に強めるが今回は吉とでた。

典子は、さっきのリモコンバイブと真弓の痴態を見ていたことで、既にアイドリングが完了したいのだ。

「はい、1分経過ぁぁ」

真弓が、2人を見ないで素っ気なく告知する。

「ねぇ、山田、、、アソコ触って」

典子20 - 連続無限絶頂ハリケーン
真弓のお陰で、典子は素直にお願いすることが出来た。 ルールのためだから、しょうがないと自分に言えたのだ。 「んぅぅん、はぁ、山田、気持ちいいよ、、すぐイケそう」 ショーツの中へ滑らせた山田の手は、既に濡れてクタクタに柔...