典子23 – 誰かに裸を見られてる

山田のソレは真弓の膣内のすべての壁を擦りながら、ゆっくりとピストンし始める。

真弓は、膣内のすべてから与えられる快感に溺れそうになり、腰に当てられた山田の手を握った。

「はぁぁぁ、、ん、、あ、、や、、あぁぁ、、や、山田、、スゴイよ、、これ、、あ、、あ、、ヤバイ、、これ、ヤバイよ、、、あぁぁ、ん、ん」

山田の最高到達点を確認した真弓は、少し緊張がほぐれ陰部も山田のサイズに馴染んできた。

山田は、真弓が自分のモノで気持ちよくなってくれていることに嬉しくなり、少しずつピストンに勢いをつけていった。

「はぁぁぁ、、気持ちいいよ、山田、、う、、ち、ちょっと、奥が辛いかも、、、、でも大丈夫、、、、あぁぁ、やぁぁ、気持ちいい、、山田も気持ちいい?」

山田は、ストロークを少し浅めにしてスピードを上げながら、『はい』とだけ答える。

真弓には、その切羽詰まった震えるような声だけで、充分に山田が感じてくれていることが伝わった。

「あぁぁ、山田、、ねぇ、山田、、イッちゃうかも、、はぁぁぁん、、やだ、、中でイクの、初めてなの、、やぁぁん、ん、ん、、山田、、あ、、山田、、、山田、、、イクよ、、山田、、ねぇ、、イク、山田、、、ん、、ん、、や、、あぁぁ、、や、、、、ん」

掴んだ山田の手を力一杯握りしめ、上半身をビクン、ビクン、と揺らしながら真弓はエクスタシーを迎えた。

山田は良くしつけられた犬のように、主がイクと動きを止めて落ち着くのをじっと待っていた。

それでも、自分のソレをギューと締め付ける主人の膣の動きに、雄の喜びを感じている愛犬山田だった。

「あー、だめだめ、、、だめだ、山田、ごめん、私だけイッて、、、続きは帰ってからね」

真弓は山田のソレを抜くと、クルッと振り返って山田の両頬に手を伸ばすと、背伸びをしてチュッとキスをした。

真弓の中に、超えてはいけない一線があったのだ。

素直に、『はい』と答える山田の目は、まっすぐ真弓の目を見つめる。

真弓も、山田の目から視線を離せないでいた。

山田の頬にあった真弓の手が、後頭部に動いた瞬間、2人は同じタイミングで唇を合わせ強く抱き合った。

真弓は、人生初の濃厚なキスに、喜びと恐怖が同時に襲ってきた。

「だめ、、、、だめだよ」

真弓は、山田の唇から離れ、頭を山田の胸に当てながらそうつぶやいた。

「はいっ!、、続きは、帰ってからねっ!、、ノリが、バイブで大変なこのになってるから、早く帰んないとっ!、、さっ、戻ろう」

真弓は、明るくそう告げると服を整えて車に乗り込んだ。

帰りの車内で、2人はこれからの悪戯の打ち合わせをした。

コテージに到着すると、さっきと同じように花壇を伝って足音を立てずに窓際に行くと、今度はジャリジャリと音を立てながら入り口に向かう。

これで典子は窓から覗いていた人が、部屋に入ってくると思うはずだ。

静かに鍵を開けると、ガチッとドアを開け部屋の中に入っていく。

「、、、真弓?、、、、え、誰?」

典子の声が、震えるような聞こえてくる。

真弓と山田は、黙ったまま部屋の中へと進む。

「真弓?、、山田?、、、だ、誰?、、警察呼びますよ、、出てって、、来ないで、、、」

全裸でベッドに拘束された典子の身体は、ベットリと汗をかきバイブにも愛液がたっぷりと絡まっていた。

「誰?、、違うの、、これは、違うの、、、すぐに彼が帰ってくるから、、早く出てって」

黙って足元に立つ2人の気配に、誰か男の人が入って来たと思っている典子は、身体をよじって悶えている。

身体を揺らすたびに、柔らかい胸が揺れて女性の美しいボディラインを引き立てる。

その両足の中心では、バイブがまだ元気にうねっていた。

「やだ、、、出てってよ、、、や、、、はぁ、、やだ、見ないで、、、や、、ん、、ん、、やぁぁ、、ん、、、な、何人いるの、、、だめ、、違うの、、これ、、やぁぁぁぁぁぁ、、やだ、、違うの、、あぁぁぁ、、やぁぁぁぁ、、ん、ん、ん、ん」

両手でロープを引っ張り、両足はつま先までピンと伸びた状態で、ビクンビクンと身体を跳ねさせて典子は絶頂に達した。

「はぁ、はぁ、はぁ、、、や、、また、、、やぁぁぁ、、だめ、、出てって、、お願いです、、見ないで、、や、、また、、やだ、、ん、、ん、、だめ、、恥ずかしい、、だめだめ、、、やぁぁぁぁぁぁ、、う、、ん、、、」

典子24 - 全裸拘束と目隠しと侵入者
全身をピンク色に染め、耳と頬を真っ赤にして、羞恥に耐えながらまた絶頂を迎える。 「はぁ、はぁ、、、やぁぁ、、また、、あのぉ、、すみません、、これ、辛いの、、、やぁぁ、、はぁ、はぁ、、止めてくれませんか?」 真弓がバイブを握って、少し...