典子24 – 全裸拘束と目隠しと侵入者

全身をピンク色に染め、耳と頬を真っ赤にして、羞恥に耐えながらまた絶頂を迎える。

「はぁ、はぁ、、、やぁぁ、、また、、あのぉ、、すみません、、これ、辛いの、、、やぁぁ、、はぁ、はぁ、、止めてくれませんか?」

真弓がバイブを握って、少しグリグリと動かす。

「や、、あぁぁ、、や、、ん、ん、、その、、バ、バイブを、、、やぁぁ、、あ、また、、あ、イ、イク、、」

真弓が、イク寸前でバイブを止めた。

「はぁ、はぁ、、、あ、ありがとうございます、、、はぁ、はぁ、、あの、、すみません、、もうすぐ、彼が帰ってくるから、、出て行ってくだ、え、や、、やぁぁぁぁぁぁ、、や、、あぁぁぁ、、やだ、、だめ、、ダメダメ」

真弓が、さっきより強いレベルでバイブを動かし始める。

「やぁぁ、、だめ、、止めて、、もう、外して、、やぁぁ、これ、外してください、、や、、あ、、、んん、、あ、、」

また絶頂の寸前で、真弓が止める。

そして、バイブを固定しているロープを解いて、バイブを抜いた。

「はぁ、はぁ、はぁ、、あ、ありがと、、、はぁ、はぁ、、や、や、やぁぁ、、見ないで、、やだ」

バイブを抜かれた典子が、アソコが丸出しになった事に気付き、閉じられない足をジタバタし始める。

バイブが、またブーンと振動する音が聞こえると、典子の入り口に当たり、ピチャ、ピチャと、入り口の粘膜をかき混ぜだした。

「やだ、、、これ、、や、辛いの、、これ、、辛いの、、やめて、、あぁぁぁぁ」

やっと解放されたと思った典子は、少しずつ奥に進むバイブに何度も絶頂に追い込まれた悪夢が蘇る。

真弓は、最大レベルで震えるバイブを、深いストロークでピストンしながら何度も寸止めで典子を追い込んでいく。

「はぁ、はぁ、はぁ、、いやよ、、、どうしたいの、、や、また、、あぁぁぁぁ、だめぇぇぇ、、、やん、また、、はぁ、はぁ、、お願い、、もう、やめ、、、、もう、、、許して、、、もう、、だめ、、」

徐々に典子の声に力が、無くなっていく。

イキたい衝動と戦っていることが、手に取るようにわかった。

真弓は、バイブを抜くと、山田に目で指示をして、自分は、典子の隣に座った。

山田の唇が、陰核を摘んだ瞬間に、真弓も、典子の硬くなった、剥き出し乳首を摘んだ。

「やぁ、、だめ、、、舐めるのナシ、、ダメです、、やめてください、、お願い、、これ以上は、、ダメなの、、、好きな人がいるんです、、やめてください、、」

典子は、泣きそうな声で哀願した。

典子の心の叫びに真弓と山田は、顔を合わせて微妙な空気になる。

それでも、真弓は胸への愛撫をやめなかった。

両方の乳房を揉みながら、唇を乳首に当てた。

それを見て、山田も愛撫を再開した。

「え、真弓?、、真弓でしょ、、やだ、、真弓、、やだ、しゃべってよ」

胸から伝わる手の感触が、明らかに女性の柔らさであり、身体に触れる長い髪が放つ香りが、いつもの真弓の匂いだった。

「ふふ」

おもわず漏れた笑い声で、典子は99%確信した。

「やだ、真弓、、山田も、、すごく怖かったんだからね、、、もう、やだぁ、、、や、、もういいから、、やぁぁ、、だめ、、すぐイッちゃうから、、え、真弓だよね、、、やだ、、ねぇ、、真弓?」

それでも無言の2人に、残りの1%の疑念が、羞恥な感情を駆り立てる。

「やだ、、イカさないで、、誰?、、誰なの、、、そんな、、イク、、イッちゃう、、はぁぁん、、やだ、、見ないで、、や、、、イク、、、ん、、あぁぁぁ」

典子は、99%の確信のお陰で、1%の疑念を楽しんでいるかのようだった。

真弓の指示で山田が服を脱ぐと、硬くなったソレをベトベトになった典子の入り口に添える。

「え、、うそでしょ、、山田、、それ、、うそ、、ねぇ、、真弓、、ねぇ、、やだ、、、、、、、、」

嫌がる典子だったが、最後は無言になり身体の力を抜いて受け入れる準備をしていた。

「はぁぁん、、、」

亀頭が少し侵入すると、典子の口から甘い声が漏れる。

「ノリ、、なに感じてんの?」

ずっと、複雑な表情をしていた真弓が、典子の目隠しを外して顔を覗き込む。

「もぉぉぉ、やだぁぁ、、、本当に、怖かったんだからねぇ、、、もう、信じらんない、、、もぉ、これ解いてよぉ」

怒りながらも、安堵した表情の典子に急かされて2人は手足のロープを解く。

「やだぁぁ、、、もぉ、カーテンも閉まってるしぃぃ、、やられたぁぁ、、、、なんだったの、私のあの緊張感は、、、、もぉ、怒った、、山田、覚悟しなさいよ、、この代償は、身体で払ってもらうからね」

典子25 - 生でまたがる女性上位
典子は、この数十分間の恥ずかしい想像を無かったことにするように、大胆に山田に襲いかかる。 いきなり山田をベッドに押し倒し、まだ硬いソレを掴んだ。 「山田ぁ、、なんで、こんな硬いのよ?」 典子は、山田の足の間に座ると、上...