典子26 – ご褒美は分かち合うもの

山田より先に、典子が達してしまった。

男性器による初めての絶頂に加え、内臓を揺すられるような感覚から得られた快感に典子は困惑していた。

山田はというと、普段のオナニーと勝手が違うのか、興奮してはいるものの、まだ達するごとが出来ないでいた。

典子の身体をガッチリと抱きしめて、無心に腰を振る山田の責めに、典子の快感がまた頂点に向かってきた。

典子は、顔と手のひらを山田の胸にぴったりとくっつけ、全てを預けるように山田の責めを受け止めていた。

「やぁぁぁ、、また来るよ、、、やだ、怖い、、変なの、、、、やぁぁぁん、、あ、、また、、あ、、、あ、、ん」

指や口で、膣やクリトリスを責められる快感とは違い、深いところかゆっくり大きな塊となって襲ってくる快感に典子は怯えなが絶頂を迎えた。

典子の絶頂と同時に、典子の膣内がギューと強く長く収縮した。

その締め付けに合わせて、山田の高まりもピークに達する。

「あ、、出ます、、あ、イク」

それを見ていた真弓は、たまらず、また唇を合わせた。

「はぁぁ、来て、、、、出して、、また、私も、、、や、、あ、、ん、、、ん」

さらに膨張して硬くなる山田の男性器を感じた典子も、幸福感にも似た快感に脳内を支配されながら絶頂を訪れる。

ビクン、、ビュッ、、ビュッ、ビュッ

最高潮に硬くなった肉の塊を、強く握るように収縮し続ける膣内。

その膣内の一番奥に先端を固定して、熱いドロッとした液を勢いよく弾き出した。

典子は、もう声も出ず体内でビュッという響きに身体をビクンと揺らすだけだった。

山田は、ぐったりとした典子の頭をなでながら、もう一方の手が真弓の股間に伸びた。

真弓の陰部から、垂れた液が内腿に伝うほど溢れていた。

「やっ」

真弓自身、そこを触られるまで、そんなに濡れていることに気付かず、突然耳が真っ赤に染まった。

ぐちゅ、ぐちゅ

山田は、わざと音を出して、真弓の陰部を愛撫した。

「やだ、、山田、、意地悪、、や、、あ、、、ん、、ねぇ、、、少し、、休んだ方が、、いいかなぁ、、」

真弓が、山田の耳元で、甘く囁いた。

そのやり取りを遠くの方で聞いていた典子は、体内でビクンとした山田のそれに意識を回復させられ、ムクっと起き上がる。

「真弓、、まだ、山田いけそうだよ、、、私、もう、、しばらく動けないから、、」

典子が、ゴロンと山田の隣に転がると、山田のソレが、ブルンと元気良く現れた。

完全に男性としての自信を身につけた山田が、真弓をベッドに横にすると、テカテカに光る男性器を、真弓の入り口にセットした。

「真弓さん、痛かったら言ってください」

真弓が小さく頷くのも確認すると、山田がゆっくりと真弓の中に挿っていく。

「あぁぁぁぁぁぁぁ、、ん、、ん」

最初のゆっくりとしたひと突きで、真弓の最初の絶頂は訪れた。

典子とのセックスを近くで見ていた真弓は、脳内が勝手に山田のソレを受け入れた状態になっていたのだ。

山田は、真弓の足を高く持ち上げ、腰が少し浮いた状態で腰を打ちつけた。

「うぅん、、ん、、ん、、あっ、、やっ、、ん」

最初は、ゆっくりと深いストロークで出し入れし、次第に浅いストロークで真弓の一番奥を小刻みに揺すった。

真弓の子宮の入り口を、下からコリッ、コリッと押し上げるように山田の亀頭が奥に届く。

最初こそ、恥ずかしさに声を押し殺していた真弓だったが、山田の執拗な連続した責めに理性が崩壊しはじめる。

「はぁ、、う、、や、、だめ、、これ、、だめ、、、や、、う、、やだ、、あ、、あぁぁぁ、う、、ダメダメダメダメ、、、や、、や、、ん、、ん」

典子と同じように、深く長い快感がズーンと奥の方から真弓を襲った。

真弓の膣が、ギューとしばらく締め付けて今度はダランと力が抜けるように緩んでいった。

それでも、一度射精した山田のソレは、まだ高まりを迎える事もなく腰が激しく動き続ける。

「やぁぁぁぁぁぁぁ、、イッたの、、イッてるの、、まだ、、イッてるの、、や、、だめ、、、もう、、だめだ、、、私、、もう、だめだ、、、、あぁぁぁ、、キャー、、ん、、、ん、、ん」

悲鳴のような声を最後に、真弓の身体は力が抜け声も出なくなった。

ただ、それでも腰を振り続ける山田の動きに合わせて、時よりビクン、ビクンと身体を震わせる。

「う、、真弓さん、、イキますね、、、うぅ」

山田の言葉にも答えることも出来ず、山田の射精の感覚に、ただ口を大きく開けて身体をブルブルと小刻みに震わせた。

横たわる2人を眺めて、どうしていいか、オロオロしている山田の手を典子が引っ張り2人の間に寝かせた。

2人が山田の胸に寄り添うようにくっ付いて来たので、両腕で腕枕をして2人の髪を撫でた。

真弓と典子は、時々、ビクンと身体を震わせながら山田の胸で深い眠りについた。

山田は2人の頭を撫でながら、凛々しい顔で小さくつぶやいた。

「また、来月の安全日に、、、撮影したビデオを鑑賞しながら、2人を気持ち良くしてあげますね」

絶頂遊戯!典子 PART2(完)