玲子09 – 羞恥陰茎

reiko4

(え、な、なに、寸止めって何?、、え?、、やぁん、そんな、すぐ、、イッちゃうって、、はぁぁぁ、うぅん、や、、、私が、舐めたく、なるまで、、続くの?、、え、あぁ、や、イク、、あぁぁぁ)

黙ってこっそり達しようとしても、もちろん絶頂直前で寸止めされる。

そして、しばらくして再開する。

ケイコの責めが止まっている間も、哲也の演奏は止まらず、この絶頂寸前の状態を維持されるような微妙な愛撫に、玲子は以外と苦しんでいた。

そしてケイコの寸止めの責めはまた続く。

(やぁぁ、こ、これ、辛い、、、自分で、、触りたいよぉ、、寸止め、、つ、辛い、、、、あぁ、、また、イキそう、、、気付かないで、、、う、ん、、、、、やぁぁぁ、なんで、わかるのぉ、、意地悪しないでぇ、、、、やぁぁ、焦らされるの、、辛い、、、)

6回目の寸止めの頃だろうか、マークが、玲子の手を持ち、男性器を握らせた。

(や、、こ、これ、チンチン?、、や、え、勃ってるの?、、硬い、、やだ、初めて触った、、、なんか、、熱い)

そして、玲子の手を持ってゆっくりと上下する。

時に亀頭まで手を進めて先端を撫でさせる。

玲子は、寝ているはずなのに、指先が勝手に動き、その形を確かめようと手全体が勝手にそれを包み込む。

(はぁ、、あ、先は柔らかい、、わ、なんかヌルって、、やだぁ、私の裸をみて、、興奮してるの?、、あぁ、硬い、、ピクピクしてる、、、やぁぁぁ、また、イキそう、、、これを、舐めたら、イカせてくれるの?、、あ、イ、イク、、、、、やぁぁぁ、またぁ、、なんで、わかるのぉぉ)

マークが、モジモジと腰を動かして、玲子の頭を少しづつ動かした。

すると、玲子の唇が、ちょうど男性器の根元に触れた。

(いゃぁぁぁ、チ、チンチンに、、え、え、まだ私、ファーストキスもまだなのに、、おチンチンにキスしちゃった)

いくら寝たフリをしていたとはいえ、顔を背けることも出来たはずだが、玲子は男の子に誘導されるがままに、それへ口づけをした。

男性器を舐めればイカせてもらえるという意識もあったが、手で握った瞬間に本能でそれが愛おしいと思ってしまったのだ。

その証拠に、男性器を握らされた右手は、既に補助無しでゆっくりと動き続け、キスをした玲子のその唇は軽く開き、男性器を優しく挟み込み内側の粘膜をネットリと絡ませていた。

そして、その中から恐る恐る伸びる舌先も、男性器に到着していた。

(あー、これが、おチンチンなんだぁ、、、周りはプニプニなのに、中に硬いのがある、、、、、、、やぁぁぁ、またぁ、、そんなしたら、すぐに、、すぐに、イキそうに、なっちゃうんだってぇ、、、やぁぁぁ、あ、、)

「なぁ、おい、、、玲子ちゃん、なんか、俺のチンコにキスしてないか?」

さっきから気付いていたマークが、タイミングを見計らって指摘する。

実は、玲子からの微妙な愛撫にムラムラが溜まり過ぎて、気が変になりそうになっていた。

(いゃぁ、言わないで、そんなことぉ)

玲子は、指摘されても、寝ているフリという理由で口を離すことができなかった。

「これさぁ、もう、フェラって事でよくね?、、、、そろそろ、イカせてあげようぜ」

まだ、焦らす気が満々の残り2人だったが、どうやらリーダーっぽいマークの発言に従い、玲子を絶頂に追い込むのだった。

(え、え、いいの、、、これで、いいの?、、え?、、イッていいのね、、イカせてくれるのね、、あぁぁぁ、や、やだ、、すぐ、、イク、、だめ、、、なんか変、、、やだ、、、あ、、なに、頭の中が、ゾワゾワする、、あぁ、ややぁぁぁぁぁぁぁぁぁ)

「あ、う、、イク、、、、あぅ、うぐぅ、、あわ、うう、ん、ん」

玲子は、絶頂を迎える瞬間にこれまでより大きな波に驚き、声を押し殺そうと、男性器を強く握り、唇を大きく開きそれを猿轡のようにして押し当てた。

舌の表面全体で男性器の感触を確かめ、本能がそれを迎え入れたいとすら思い初めていた。

まだ、絶頂に身体をビクビクと震えているところを、下にいるマークが、玲子を抱き上げ自分の胸の方へ引っ張った。

ケイコも慌てて、玲子の足を抱えそれを手伝う。

まだ息が上がり、何をされているかよく分かっていない玲子の身体は、裸のマークの胸に顔を埋めて、膝を曲げた両足がマークの腰を包み込むように収まる。

まるで小さな子供が抱っこされて寝ているかのような格好で隙間なく裸の肌がピッタリと重なり合う。

玲子は薄っすらとした意識のなか、男の子の肌の暖かさに心を持っていかれそうになっていた。

「いゃぁぁぁ、まだ、だめぇぇぇ」

マークの合図で再開した2人の責めに、玲子は強引に現実に引き戻された。

正気に戻った玲子は、寝ているフリの事を思い出し、声を出したことに慌てた。

(大変、声出しちゃった、、大丈夫かしら、、え、なに、、これ、、男の子の胸の上?、、、やぁぁぁぉ、、また、そんな、、触ったら、、また、、気持ちよくなっちゃうよ、、、あ、、だめ、、、やぁぁぁ、、、え、え、え、お腹の下に当たってるの、もしかして、、、)

マークは、最後の企みのために、玲子の下腹部に限界まで熱り立った男性器をセットして、さらに玲子を追い詰めるように合図をした。

「しかし、玲子ちゃんは、言ってた通り、まったく起きないねぇ、、、身体は感じてるみたいだど?、、、こんなにマンコの入口は狭いのに、もう、中なんかドロドロよ」

そう言って、グチョグチョと音を立てながら中をかき回す。

(やぁぁぁ、だめ、そんな、、音をたてないで、、見ないでぇぇ、、、あ、やぁん、、ダメぇ、、ま、また、、、イキそう、、も、もう、、やめて、、、あぁぁん)

玲子10 - 羞恥突貫
そこから、また寸止めの責めが続く。 しかし、今度の寸止めは一度高めた玲子の快感を維持し、ゆっくりとした責めに変えて絶頂の瀬戸際を維持させたものだった。 先程まで、男の子達の責めに絶頂を何度も叩き込まめた玲子の身体は、当然、同じように激しく責めてくれ...