玲子10 – 羞恥突貫

reiko4

そこから、また寸止めの責めが続く。

しかし、今度の寸止めは一度高めた玲子の快感を維持し、ゆっくりとした責めに変えて絶頂の瀬戸際を維持させたものだった。

先程まで、男の子達の責めに絶頂を何度も叩き込まめた玲子の身体は、当然、同じように激しく責めてくれないと絶頂を迎えることが出来ない。

(はぁぁぁ、あぁん、あぁぁ、気持ちいい、、あぁぁ、気持ちいいよぉ、、フワフワするのぉ、あぁぁん、身体が、、浮いてるみたい、、あぁぁ、幸せ、、こんなに、エッチって、幸せな気分になるの、、あぁぁ)

全てが初めて玲子には、この絶頂寸前の状態を維持させる状態も心地よく思えていた。

ケイコの指が、膣の中をあちこちの壁をゆっくりと弄り、時々、抜いたり、中でピタッと止まったりする。

その度に、催促するかのように玲子の腰がモジモジするようになった。

頃合とみたマークが、男性器の先端を玲子の陰核に押し当てた。

意図を察したケイコも指の動きに緩急をつけて、絶頂の瀬戸際にいる玲子に快感の荒波を立てる。

(あぁぁ、気持ちいいのぉぉ、全部、気持ちいいのぉ、やぁぁ、もう、、、イキたい、、もっと、、あぁぁ、もっとして、、あぁぁ、気持ちいいのぉぉぉ)

ケイコが、更に責めを強くする。

(やぁぁぁ、イク、、あぁぁぁぁ)

また絶頂寸前で、いや、少し絶頂を迎えている状態で責めがピタリと止まる。

玲子の腰が海で溺れているかのように何かを求めてクネクネと動き、ずっと意識の片隅にあった男性器を本能がロックオンした。

玲子は、マークの裏スジに陰核を擦り付け始めたのだ。

愛液でヌルヌルとした2つの性器は、お互いにしか聞こえない音を立て、やらしく戯れ合った。

(はぁぁ、これ、あ、アレよね、、指と全然違う、、、気持ちいい、、痺れてるよ、、頭が、なんか、痺れてるよぉ)

ケイコがクネる腰を掴み、また責めを再開する。

絶頂ギリギリまで高め、寸止めするとしばらく男性器に擦り付ける様子を傍観する。

そしてまた男性器を強引に引き離して責めを再開する。

玲子は次第に陰部全体を陰茎に擦り付けるようになっていた。

マークの腕が優しく玲子の頭を包み、口が玲子の耳元に近づく

「俺のが当たってるのわかる?」

唇で耳を愛撫するように、吐息のような小さな声で囁いた。

甘い吐息と口の中のやらしい音が脳に響きに、理性の防波堤が崩れ、玲子は、ゆっくりコクリと頷いてしまった。

マークが、玲子の顎を引き寄せ唇を重ねる。

玲子も更に顎を突き出し、目を瞑ったままマークの唇を迎えに行く。

ゆっくりとお互いの唇と粘膜を絡ませ合い、舌と舌の先端が軽く触れた。

玲子は、腰を少し動かし、口がパックリと開いた入り口に男性器を当てた。

背中を少し反らせると亀頭が簡単に膣口に隠れ、マークの唇で塞いだ玲子の口から甘い吐息が漏れる。

玲子は、腹筋に力を入れ腰をゆっくり動かすと、濡れた亀頭が、ヌルッ、ヌルッと玲子の入り口を出入りする。

マークのそれが、まだ未熟な玲子の粘膜を擦るたびに、玲子の鼻の奥から小さく甘美な音色が響く。

入り口から沸き起こる快感が、さらに奥の方からムズムズした疼きを生み出す。

マークは唇を離すと、下から玲子の肩をゆっくりと持ち上げる。

玲子は怯えた様に肩を窄め、マークの腕を両手でしっかり掴む。

マークの腰は、まったく動かず玲子が自ら受け入れるのを待っている。

玲子が、力んだ足の力を抜くと、亀頭が僅かに抵抗する処女膜を押し開き、マークのそれは、玲子に少しの痛みだけを与えてゆっくりと奥へと進む。

初めて受ける男性器からの快感に、玲子の身体が少し震えている。

玲子は、マークの両手を指を絡めて握り、身体を垂直に起こすとマークの男性器の真上に陰部を構えた。

足の力を少し抜くと、自分の体重でそれが壁を押し開き奥に進む。

そして少しずつ奥に進めては、怖くなり身体を浮かして後戻りする。

それを何度も繰り返す玲子は、足に力が入らなくなり、、いや、自分にそう言い訳をして、全体重を男性器預ける。

「ふぅん、、、、ん、ん、、」

男性器を根元まで受け入れた瞬間、絶頂の瀬戸際にいた玲子は、マークの腕を手を掴んだまま、背中を反らせ顔は星空を見上げた。

玲子は、男性器から初めての絶頂を与えられたのだ。

「玲子ちゃん、玲子ちゃん、起きて、ダメだよ、玲子ちゃん!」

3人の男の子は、玲子を揺すって眠りから起こす演技をした。

玲子は、パニックになった。

眠ている演技のこと、起きたら露出狂と思われること、男の子がどこまで気づいてるか、3人の男の子の前で全裸でいること、眠りながら見せた痴態のこと、ここが屋外のビーチであること、処女を喪失したこと、初めての男性器を入れた瞬間に達してしまったこと、初めてでも痛くなかったこと、そして、生で挿入していること。

玲子は、どれからどう処理していいか混乱して動けなかった。

玲子11 - 羞恥開眼
「玲子ちゃん、起きて!」 玲子は、やっとの思いで目を開けた。 「う、うん、、、起きた」 「ごめん、寝ている玲子ちゃんにエッチな事をしてたら、こんな事になっちゃって、、生で入れちゃってるんだ」 男の子達が慌...