早苗02 隣のお兄ちゃんと恋人ごっこ

パソコンのモニターに薄っすらと映る裸の早苗を見て潤は目を丸くして振り返る。

「え、そ、それの、どこが、お、大人なんだよ、、、すげぇ、恥ずかしそうじゃね?、、、真奈美さんなんか、、男の前で、すごく大胆なんだぜ、、、、あ、真奈美さんが言うにはね」

早苗は覚悟を決めてゆっくりと足を開いていく。

自然と顔が横を向き目を開ける事が出来なくなった。

「なんだよ、サナのここ、、一本筋があるだけで、子供みたいじゃん、、本当に処女じゃないのか?」

内心は怒りたい早苗だったが、処女じゃないという言葉にまたシュンとしてしまう。

早苗は足を持ち上げお尻方から両手を伸ばすと、アソコの両側の皮膚を震えながら引っ張りゆっくりと中を見せていく。

真一文字に口を閉じていた亀裂が、少しずつ開いていき中のビラビラがピチャッと音を立てて口を開けた。

中からまだ経験の少ない真新しい粘膜が見えてきた。

「サ、サナ、、、綺麗だ、、、、、あ、こ、これ」

早苗の透き通るような陰部に見とれる潤は、早苗の陰部の下の方にキラリと光るモノを発見する。

「サナ、なんか濡れてるよ、、、俺に見られて感じてるってこと?」

早苗は自分の身体の変化に気づいてはいたが、何も言えないまま、首を左右に振った。

潤はそんな早苗を見て、もっと恥ずかしいことをさせて、もっと気持ちよくなってもらいたいと思う。

「クリトリスが見えないね、、あ、知らないか、クリトリス、、触ったことないだろ」

早苗の震える両手が今度はお腹の方から伸びて、陰核の上の皮膚を左右に開きながら持ち上げる。

可愛く充血した突起が恥ずかしそうにプックリと顔を出した。

そして恐る恐る一本の指がその突起に触れるとビクッと腹筋が波打った。

「ほらぁぁ、サナ、オナニーするって言ってたけど、、ど、どうせ嘘だろ、、子供だから、やり方わかんないだろ?」

潤は緊張で声が上ずっていた。

と同時に自分のソレの位置を変えないといけないくらい膨張していた。

早苗は無言のまま左右の手を、胸と陰部に這わせる。

左手が胸に届くと親指と人指し指で左右の乳首を隠すように押し込んだ。

薄目で潤を覗き見ると、しっかりとこっちを見ている。

初めての異性の前で見せるオナニーに頭がジンジンと痺れる。

恐る恐る陰部のにある右手の4本の指で陰部全体を撫でるように愛撫すると、今までのオナニーでは感じたこのない快感が身体を走り抜けた。

「ふぅん、、、、や、、見ないで、、、や、、ん、、、ん、、、ん、、、大人だもん、、、ん、、私、、ん」

羞恥心が限界まで高まりそれでも感じてしまう自分が悲しくなり、早苗の目からひと粒の涙が溢れる。

「サナ、ごめん、、、恥ずかしかったね、、、本当に真奈美さんとは何でもないから、、」

潤は裸になって早苗の横に寝転ぶと、耳元でそう告げて頭を抱きしめ、髪を撫でた。

「俺が好きなのは、サナだけだよ」

「もぉぉぉ!潤にぃのバカぁぁ!いっぱい、いっぱい恥ずかしかったんだからぁ」

早苗が涙を拭って潤の首に腕を回すと、ふたりの唇が自然と重なる。

大好きな人の胸に抱かれ、肌と肌がくっ付いた状態でのキスが、こんなに気持ちいいものだと早苗は初めて知った。

「サナ、、サナの胸もアソコも、すごく綺麗だよ」

潤は口を胸に運んで指を陰部に這わせる。

乳首を優しくついばみながら、指が陰核と入り口をゆっくりと往復する。

指が動いて不慣れで敏感な部分が擦れる度に、早苗の身体はビクッ、ビクッと波を打った。

「ん、、、ふん、、、、や、、、ん、、、ふぅん、、ん、あ、、あぁ」

胸への愛撫を薄目で見ている早苗は、潤に身を委ねることで身体の力が抜けていくと同時に、甘酸っぱい声を漏らし始めた。

潤の指が少し奥の方に進むと、また早苗の身体が緊張と少しの痛みでビクッと硬直する。

処女じゃないといっても、まだまだ初心な早苗を愛おしく感じる潤だった。

「最後までエッチするのは、卒業までお預けだな、、、、それまで、ずっとスキだから、安心しろ」

潤は、そう言って優しくおデコにキスをする。

早苗の手に時々当たる潤のアレは、すでに硬くなっていたが、それでも我慢して最後までしないと言う潤に大事にされてると感じた早苗は嬉しさで頬が真っ赤になった。

「うん、、、潤にぃ、私もスキ、、、、あぁぁ、、も、もう、、やめよ、、や、、ねぇ、、、あぁん、、気持ちいいよぉ、、、ダメ、、あ、や、これ何、、、や、、変、、なんか変、、、、あ、、、ん、、、、や、、、ん、、、ん」

早苗の身体がビクッと跳ねて怯えるように潤に抱きついた。

「ん?イクの初めてか?」

じっとりと汗をかく早苗は、真っ直ぐ見つめた目をウルウルさせて頷く。

「嬉しいよ、サナの初めての男になれて」

ふたりはついばむようなキスを何度もした。

「ねぇぇ、潤にぃ、、、最後までのエッチはお預けだけど、、、、今日みたいに、キスとか触るだけなら、、、またしてくれるの?、、あ、今度は私もしてあげたいっ!」

「ダーメ、、受験生は勉強に集中しなさい」

潤は優しく微笑んで、またおデコにキスをした。

(完)

千春01 未経験少女に忍びよる罠
淫乱調教!千春 PART1引き戸の扉の向こう側から、母親の寝息が聞こえる。目覚まし時計が鳴る5分前だというのに、千春は布団の中で目を覚ましていた。母ひとり娘ひとり。生保レディをしている母親からたくさんの愛情を受けて育...
美希01 体育会系純粋美少女
陰核開発!美希 PART1川西美希は陸上部に所属する高校1年生。腰の調子が悪くなった美希は、キャプテンの荒井に連れられてクリニックに来ていた。「先生、こんんちはー!川西さんが腰の調子が悪って言うから、連れて来ました!」 ...
典子01 食べごろ女子大生の事情
絶頂共鳴!典子 PART1都内の大学のサークルで知り合った真弓と典子は、広めのワンルームマンションに2人で住んでいる。「ごめーん、ノリ、お風呂で生理始まっちゃったから、お湯を入れ直してるね、、、、典子はまだ来ない?」...
玲子01 看板娘の羞恥な露出計画
露出願望!玲子 PART1玲子が住み込みでバイトする海の家は、一般客も格安で宿泊が出来る。宿泊の受付や部屋の掃除、そして併設された食堂の配膳も、玲子が1人で切り盛りする。老夫婦が経営するこの海の家は、女将さんが腰を悪くした今...
万理01 キュートな学者の万理先生
子宮寄生!万理ホテルの一室で万理は先輩教授の岡田に抱かれていた。生物学者の万理は研究所の飲み会の時に介抱してくれた妻子持ちの岡田となんとなくそうゆう関係になってしまったのだ。5年間彼氏のいない万理はダラダラとその関係を続けていた。 ...
菜緒01 美脚グラビアモデル菜緒
遠隔調教!菜緒「菜緒ちゃん、最近、ノッてきてるねぇ」週刊誌のグラビア撮影の現場で、編集者がマネージャーの保坂に話しかける。「はい、まだまだ、これからなんスけど、お陰様で、なんとかメディアへの露出が増えてきました」 ...
和美01 穴から覗いてほしくて
絶頂少女!和美この夏、和美は冬場はスキー客で賑わう旅館で働いていた。叔母が経営する旅館があるこの温泉街は、夏場の集客の為にテニス場やサッカー場を作り、数年前から町おこしをしている。町の多くの旅館で、大学のサークルや体育会のサ...
美里01 蘇るマッチョフェチの性癖
不貞依存!美里「もしもし、、芳くん?、、、ごめん今日、外でご飯食べてきてくれる?、、、、律子から急にヘルプ頼まれちゃって、、、律子よ、鍼灸師学校の同期だった、、、、、、結婚式にも来てくれたでしょ、、、そう、、、去年、オープンしたマッサージ店に行った...
景子01 クリトリスをローターで
露出自慰!景子「そ、そんな訳ないじゃないっ!バカじゃないの、なに言ってんの、バカなの?」学校からの帰り道、4人のクラスメイトの男子達から相談を受けていた景子が、相談の内容に突然怒り出した。「でもさぁ、こいつの彼女、、...
恵梨01 いい女になる宣言の恵梨
睡眠少女!恵梨狂い咲きの桜が既に散り始めた校庭で、卒業証書の筒を持った卒業生が記念撮影をしている。高校2年生の恵梨は、演劇部の部室で泣きじゃくっていた。「ふぇん、、、ぐすんっ、、、もう最低、、、」恵梨の所属す...
早苗01 幼馴染のお兄ちゃんを挑発
高校生の早苗は、4つ年上の幼馴染のお兄ちゃんの事がずっと好きだった。チャラチャラした容姿に似合わず奥手な幼馴染の潤に持って行きようがない感情が暴走する。「あ、またこの真奈美って人、絡んできてる」潤のSNSを見るのが癖になって...
恭子01 大学生とお医者さんごっこ
淫乱若妻!恭子(前編)「恭子先生、僕の病気を治してください」全裸で絨毯に横になる患者役の彰くんが、先生役の私に可愛い笑顔で見つめながら質問してきます。「大丈夫よ、先生が治してあげるわ」私は、おもむろに...
優子01 全裸マネージャーのお仕事
8月8日 優子の露出日記地方の高校で弱小野球部のマネージャーをしてます。弱小なのでマネージャーはひとりしかいません。本当はマネージャーいらないくらいです。2年生になっても後輩部員から天然とかドジっ子キャラってからかわ...
七菜01 イヤと言えないコスプレイヤー
7月7日 七菜の露出日記こんちには、七菜(なな)です。私は昔から押しに弱くて。高校生になったからその癖を治したいなと思っていたのに、それが原因でとんでもないことになってしまいました。今日はそんなお話し。普段からおとな...
里美01 クラスの男子たちに全裸を晒す
7月17日 里美の露出日記今日は忘れられない1日でした。かねてから計画していたあの恥ずかしい露出行為を実行してしまったのです。私は中学3年生の女子です。田舎の小さな漁師町のクラスが2つしかない小さな学校の水泳部に所属...
敦子01 雨で透けたブラを小学生に
6月4日 敦子の露出日記梅雨は嫌いでした。この日を迎えるまでは。その日は、親と喧嘩していたのでなんとなくいつもとは違うルートで遠回りして学校から帰宅してました。そこにスコールのような雨。バラバラと凄い...
智子01 トイレを覗く視線に感じて
6月10日 智子の露出日記私が通う塾には女子が少なく4人しかいません。男子は23人います。そのうち私のマンコを見た男子は、少なくとも6人はいます。塾は古い雑居ビルの中にあってトイレは全て和式です。一応、男女の...
error: